FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



フランス旅行記4-モンサンミッシェルと江の島比較レポ(その2)
続・モンサンミッシェルと江の島の比較レポ。

モンサンミッシェルへ通じる土手をバスで渡り、島の入り口へ。
駐車場を降りると、こんな立派な第一の門をくぐります。
時には戦争の要塞として使われた所以ですね。

2m.jpg

一方こちらは江の島。
江の島へ通じる橋をバスで?徒歩で?好きなように渡り、島の入り口へ。
干潮の時は陸続きになっているので、橋の下を徒歩で渡るのも可。
島に入るとすぐにこんな鳥居をくぐります。
巡礼地である所以ですね。

2e2.jpg

モンサンミッシェルの門をくぐると、こんな狭い通りが続きます。
もちろん車は入れません。
夕方にとったものなので、人影がほとんどありませんが、
日中はいつもかなりの賑わいです。

4m.jpg

江の島の鳥居をくぐると、こちらも同じ狭い通りが続きます。
原付ならたまに走っています。
日中にとったので、かなりの賑わいです。

4e.jpg

ってかこのふたつの写真、どっちがどっちだか区別つかなくなる(笑)

モンサンミッシェル内の村営郵便局、La Poste。
日本の家に手紙を出したら、5日ほどで着きました。
しかも切手は90円足らず。これはすごい!

5m.jpg

こちらは江の島内の郵便局。
なんか雰囲気似て・・・る?

5e.jpg

モンサンミッシェルまでの参道は坂になっていて、狭い通り沿いに
お土産屋さんや、レストランの看板が並んでいます。

6m.jpg

江の島神社までの参道も坂になっていて、狭い通り沿いに
お土産屋さんや、レストランの提灯が下がっています。

6e.jpg

モンサンミッシェルの人気レストラン、Poulard(プーラール)。
オムレツが人気で、いつも人だかりが絶えません。
Poulardはレストランのほかにもお土産屋、ホテルなど
幅広く事業を手掛けていて、この島で幅を利かせてるみたい。

7m.jpg

江の島で人気のレストラン、とびっちょ。
シラス料理が人気で、こちらも人だかりが絶えません。
(前に行ったときは確か1時間待ち)
とびっちょは小さい島に2店舗も構えていて、
この島では一番人気?のお店じゃないかな。

7e.jpg

そんな感じで参道を登っていけばいよいよ参拝・・・ってことで、
つづきはまた次回!

雰囲気がそれとなく似てるのは、感じ取れてきてますか・・・?
スポンサーサイト




フランス旅行記3-モンサンミッシェルと江の島比較レポ(その1)
ずいぶんお待たせしました。
もう旅行から1か月もたっちゃいました(汗)。

モンサンミッシェル(MSM)と江の島の比較レポです。
今回は写真ばかりなので、パソコンで見ることをおススメします。
宗教学的に比較することはあまり好きでないので、
地理、文化的な違いを楽しんでください。

まず島の全景。(Google Earthより)

MSM。
0m


江の島。
0e.jpg


島の周囲は江の島のほうが大きいです。
江の島の形は楕円形に近く、MSMは丸い形の島。

こちらは実際の写真。

モンサンミッシェル。
1m.jpg

車が二台、土手沿いの道路を走っていきます。
島の中心にある、ミカエルが立つ尖った塔の形が何とも印象的。
この要塞の近くには、たくさんの羊たちが群れをなしています。

江の島。
1e.jpg

車が二台、海岸沿いの道路を江の島に向かって?走っていきます。
島の中心にある、灯台の形が何とも印象的。
この近くには、たくさんのサーファーたちが群れをなしています。

・・・おっと、今晩は遅くなったのでここまで!

フランス旅行記2-パンの話。
なにから書こうか迷ってる、フランス旅行記。
きっと全部書ききれないので、思いつくままに適当に書いていこうと思います。

タイトルはパンの話としたんだけど、正直そんなにパンは詳しくないです。
フランスのパンといって思いつくのはフランスパンに、クロワッサン。
クロワッサンは必ず朝食に、フランスパンはランチやディナーに出てくるな、という印象でした。

IMG_0393-large.jpg

一枚目の写真はオーヴェル・シュル・オワーズのCafe Richardでの朝食。

IMG_1018-large.jpg


二枚目はモン・サン・ミッシェル内Le Terrasses Poulardでのクロワッサン。

飲み物については、フランスでは朝食でCafe au lait、その他は普通のCafeを飲むそうです。
ただCafeというとエスプレッソになり、日本で普通に出てくるやつはCafe allonge(アロンジェ?)というそうです。
(コーヒーはミルクとお砂糖入れないと飲めないので、これ教えてもらわなければ、きつかったです)

クロワッサンは店の腕前が試されると聞いたことがあるので、
今回食べ比べてどうかなーと思ったけど・・・
どこもうまい。サクサク。
ツアーでいい店を選んでいるからか?
3食パンは飽きるかなと思ったけど、朝食はどこもよかったです。

IMG_1596-large.jpg


ちなみに三枚目は、この前つくば市内のDavid Painで購入したパン。
オーナーがフランス領コルシカ島の出身で、天然酵母を熟成して作った
パンを味わえるお店です。
コルシカ島はイタリアに近く(もとはイタリア領)、ピザなども焼いていました。
なぜか無性にここのパンを食べたくなったのは、フランスがまだ遊び足りないから・・・かな?

さ、明日も仕事仕事っと。


フランス旅行記1-スリに囲まれた
ずいぶん前になっちゃいましたが、1月末、旅行先から無事に羽田へ戻ってきました。
時差ぼけで眠くって、その日は一日寝ていました。

さてタイトルなんだけど、パリで初めてスリに囲まれました。
自由行動の時間に、パリの中心街・オペラ座の前で
歩道が細くなっているところで子供がボードみたいなのを見せてきて
道を通せんぼされてる間に囲まれてしまいました(汗)

財布はコートの内ポケットに入れて前も閉めていて、
パスポートも首から下げるホルダに入れていたから
貴重品を取られたりはしなかったですが、
しっかり抱えてたはずのバッグのチャックがそのときに?開いていました

同じ手口でカードを取られてしまった人もいたそう。
ガイドさんによると、男性がお金を持っているように見えるから
狙われやすいそうです。
相手が子供とはいえ手品を学んでいるらしく、スリはプロ。
驚きとショックとでちょっと凹みました。
ヨメが一緒にいたおかげで、その場を乗り切れました。マジ感謝。

まだまだ海外には慣れてないな、いや、慣れることはないのかなと
思った今回の旅行でした。
その他のことは、後の日記にて。


(米)他にもいろいろおみやげの品
アメリカで見つけた怪しいおみやげの数々はまだたくさんあるけれど、
もう、一つずつ書くのがめんどくさくなってきたので、どーんと一気に書いちゃいます。

▼スタバの缶コーヒー

IMG_7879.jpg

最近日本のコンビニでも売り出した、スタバの缶コーヒー。
アメリカで見つけたので、買ってみました。
右は普通に日本で売ってる、ダブルショット。
左がアメリカに売っているダブルショット。サイズが少し大きいです。
味はこれから比べてみよう。

▼ヤンヤンつけボー

IMG_7882.jpg

子供向けのお菓子で、クラッカースティックをチョコクリームと
カラフルトッピングにつけて食べるお菓子。
アメリカの(なぜか)本屋で見つけたので買ってみました。
日本のはもちろん、アメリカで購入後に比較対照として買ってみました。
実に20年ぶり?
容器の高さがアメリカのほうが大きいです。たぶん中身もそう。

IMG_7884.jpg

アメリカではただ単に"Yanyan"というみたい。
なんか中国語みたいな感じ。
ビスケットになんか文字が書いてあったりは一緒だけど、
アメリカのはカラフルトッピングがないみたい。ちょっと地味なのが意外。
それよりもチョコをたっぷりつけて食べるのがアメリカンスタイルなのかな?

それより気になったのが、上のパッケージの帽子でいう"つば"の位置。
日本のはまっすぐかぶっているけど、アメリカのはヤンキーかぶり。
細かい所が日米で違うのに驚きです。

そこの書店ではプッカも売ってたけど、そちらは日本直輸入らしくて、
値段がなんと$2.50(245円)。
はたして買う人はいるのやら?

▼緑茶

IMG_7870.jpg

最後は緑茶。
アメリカでまさか緑茶が手に入るなんて思ってなかったから、
緑茶パウダーを持っていった矢先だったのに!
比較はお~いお茶。それに比べて、この大きさ!
上の二つもそうだけど、まさにアメリカンサイズ。

IMG_7873.jpg

梅の木に(ビミョーな色合いの)緑の缶。
しかもご親切に"緑茶"だなんて(笑)。
けど、100%All natural teaだって書いてあるのに、下を見たら・・・

IMG_7874.jpg

何か他の混ぜ物をしているようです。
緑茶には梅こぶとか、金箔くらいしか、混ぜ物するのは聞いたことないけど。
Honeyが入ったらどんな味になるのだろう?
さらに意味の分からなかった"Ginseng"を調べてみたら、朝鮮人参だとな。

まだ怖くて飲んでません。休み明けが楽しみです(笑)。