FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます
IMG_5028.jpg

翌朝、起床時間より前に目が覚めました。
今日は、カモメの声に加えて、カツンカツンと雨が屋根を叩く音がします。
歩く日じゃなくてよかった。
今日8時間コースに行く人たちの間では、愛とロマンは生まれるのかな?

すると!
突然スピーカーも壊れんばかりの曲が流れてきました!!
「石狩挽歌」という哀愁漂う歌詞とは裏腹に、
そんな哀愁は海のどっかかなたへ吹っ飛ばすくらいの、ばかでっかい音。。。
無線もなんか喋ってるけど、曲のボリューム落としたのに
なんて言ってるかきこえやしない。ってか、朝からすごいテンション。
こんなの、他の旅館でやったら大迷惑・・・ってか、ここでしかできないな(笑)

朝食を食べ、出発時間を告げ、出発までのんびりしてました。
みんなは香深港からの一番初めの便、稚内行き。
自分はその一本あと、利尻島鴛泊経由稚内行き。


出発を待つ間、他のお客の女の方と話し込みました。

話していると、その人は実は中国人。
えらく日本語が流暢で、そんなこともわかりませんでした。
中国のお国事情のホンネとか(ここじゃ書きませんが^^;)、
どこに住んでたとか、なんで日本に来たとか、
そんなことをぺらぺらと話してくれました。

高校を卒業した時に、親が片道の飛行機のチケットを渡し、
日本に行って来いといわれて来たみたい。
それでかなり勉強して、今は日本の国籍をもってるって。

利尻島で働いていたんだけど、つい昨日、「今日で仕事辞めます」って言って
まだあてもないままこの礼文に来たとか。
理由は聞かなかったけど、喋ってる感じはものすごく明るくて、
その仕事が嫌で辞めるわけじゃなさそう。
やりたいことはいろいろあって、その前にちょっと来てみたそうな。


ほかにも、夫婦で来てみた人、
母子で自炊しながら何泊もしている人、
このユースのことを何も知らずに来てしまった人、
ただ8時間コースを歩きたい、ってために来た人、
仕事を休職して、気分を変えるために来た人、
旅行先のラーメン屋で意気投合して、その仲間同士で来た人、
前にここでユースをしていて、もう1週間も泊まっている人・・・
いろんな人がいるんだなぁ。。。

けど、そんないろんな人がいるなんて、
普通の旅館やホテルじゃ、知りえないですよね。

プライバシーとかいろいろ心配があって、
鍵はオートロック、音は漏れない、空調完備、バストイレつきなんて
そんな旅館やホテルが当たり前だけど、
そんなことは気にせずに、知らない人同士で
こうやって旅で出会い、そして別れるというのも
たまにはいいんじゃないかな。


雨が一向にやまなかったので、車で送ってもらうこともできたけど、
あえて歩くことにしました。

少しでもこの島を自分の足で歩きたい。

桃岩から見える猫岩の後姿も、少し寂しそう。

IMG_5029.jpg

出発したのは自分ひとりだけなのに、
桃岩のみなさんに、ヘルパーもお客さんも外にでてきて、
ゆっくり、ゆっくり、そして見えなくなるまで、声が聞こえなくなるまで
自分のためだけに見送ってくれました。
このまま、戻ってもいいかな?利尻の宿はキャンセルしちゃおうかな?
そんなことさえ、頭をよぎりました。

IMG_5034.jpg

小雨の中を約50分。
タイムトンネルを抜け、小径を下り。
香深の小さな商店街を抜けて、フェリーターミナルにたどり着きました。

大きな荷物はヘルパーが車で運んでくれました。
自分のほかに、その便に乗る人はもう一人。
そんな2人だけのために、ユースからは8人もの人が見送りにやってきてくれました。

昨日まで歌って踊ったヘルパーに混じって、今日から桃岩のヘルパーとして働く人も。
船に乗ったら荷物を置いて、まず甲板へ走ります。
船の後ろ側の甲板で桟橋を見ると、さっそく桃岩のミーティングみたいに、
歌って踊っての大騒ぎ。
自分と一緒に乗ったもう一人の人は元ヘルパーだったので、
周りの目も気にせず、桟橋にいるヘルパーと一緒に踊ります。
そうすると自分もやらないわけには行きません。
・・・恥ずかし^^;。

桃岩でやったものをひととおりやったあと、

最後に、最後の夜にユースで歌った
5つの赤い風船の、「遠い世界に」を再び歌いました。
 ♪遠い世界に 旅にでようか
   それとも赤い 風船にのって
   雲の上を 歩いていこうか・・・

  ・・・明日の世界を探しにいこう

と、曲が終わったとき、ヘルパーのみんなが、

「行ってらっしゃーい!!」

と、大声で叫びました。
もう一人の人に、「せーのっ」って言われて、

「行ってきまーす!!」

と自分たちも大声で返しました。

ちょうどその時、ボーーー と、船の長い汽笛が鳴り響きました。
岸壁から船が少しずつ離れていきます。

IMG_5044-2.jpg

だんだんと船が岸壁から離れて、船も向きを変え始めます。
ゆっくりと手を振る見送りの人たちの姿が遠ざかっていきます。
今思えばたぶんペアレントの人も、泣いてます。
まさか2度は涙は流すまいと思ってた自分も、それにつられてもらい泣き。

けどそんなことしてる間もなく港から再び、

「行ってらっしゃーい!」

その声に、自分たちも、

「行ってきまーす!」


「行ってらっしゃーい!」



「行ってきまーす!」


「行ってらっしゃーい!」


「行ってきまーす!」



その声が届かなくなっても、ずっとずっと、手を振り続けました。
やがて姿が見えなくなっても、ただ、島のほうを見つめていました。

IMG_5046.jpg

IMG_5049.jpg

おしまい。

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます


スポンサーサイト

ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
IMG_4818.jpg

そして、夜。再びミーティングです。
前日10時間歩いた人はみんな疲れ果てて、
ミーティングに参加した人はわずか1人だったのに、
自分たちのグループは、なんと全員参加!!
みんなで楽しく歩けたからなぁ。
それにしても、このユース最後の夜に、再び顔をあわせられたのがとてもうれしい!

もちろん今日はじめてユースに来た人もいて、
礼文島の紹介をしていきます。
スコトン、鮑古譚、ゴロタ、澄海、鉄府、ウエンナイ・・・
A1の画用紙に大きく書いた、イラスト入りの手作りの地図を目で追って行くと、
こんなところを通ったなぁ、と感慨深く見入ってしまいます。

ミーティングの途中では今日のリーダーが呼ばれました。
今回最もよかったところは?ときかれると、

「ウニ!」

と元気よく答えました。
いや、コースのことをきいてたんだけど(笑)

けど、最高!!

サブリーダーに「今日は愛とロマンは生まれましたか??」なんて聞かれて。

「生まれました!!」

なんて(笑)

けど、こんなメンバーたちとも明日でお別れ。
笑いながらも、心の隅ではちょっとさびしさがあったかも。


歌のコーナーでは、いろいろと昔に流行ったフォークソングとかも
歌ったりするんだけど、
まずこの日に選ばれた曲は坂本九の「上を向いて歩こう」。

♪上を向いて歩こう  涙がこぼれないように
思い出す春の日  一人ぼっちの夜・・・

今日歩いた道、今日見た風景、今日聞いた風や自然の音などを
思い浮かべながら、みんなで歌います。
あまりにも多くのものを見てきたはずなのに、それなのに、
その景色は次々と頭の中に鮮明に浮かび上がってきます。

この曲が終わり、次に昔のユースのヘルパーが作った歌を歌いました。
その次、3曲目は音楽の教科書でもおなじみ、「切手のないおくりもの」。

http://www.youtube.com/watch?v=MKSRQe7LC88&feature=related

 ♪わたしからあなたへ この歌を届けよう
   広い世界にたった一人の 私の好きなあなたへ


年老いたあなたに、知り合えたあなたに、別れゆくあなたに・・・と、
知っている歌と言うこともあり、みんなも一生懸命、
手拍子をしながら大声でこの歌を歌います。

はじめはオーバーで、ついて行けないんじゃないかと思ってたこのユースの雰囲気。
けどそんな恥じらいは気にせずに、みんなで歌って踊って騒いでという
この雰囲気にすっかり飲まれてしまいました。
そんなこのユースを、明日には出発しなきゃならない。
今日苦楽をともにした仲間とも、明日の朝でお別れ。
名前さえも聞かなかったし、これからも会うこともないだろう。
いろいろな想いが交錯するうちに、不思議と涙がでちゃいました。

最後の歌は、5つの赤い風船の「遠い世界に」。
このユースでの最後の曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=B0yA9f0ZpXI

 ♪遠い世界に 旅に出ようか
   それとも赤い風船にのって
   雲の上をあるいてみようか・・・

ヘルパーもみんなも、最後の曲を大声で歌い、おどります。
名もよく知らない人どうしながら、ちっちゃい子や、若い人から年配の世代まで、
これだけみんなで一緒に騒いで踊り、心から楽しめることなんて、あったかなぁ。
最後は声にならないような感じだったけど^^;それでも最後の曲も楽しめました。

**

明日の「愛とロマンの8時間コース」に参加するのは3人。
彼らには、どんなドラマが待ってるのかな?

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます



ピーチロック・ハウス(9)―8時間コース(10時間)のゴール
礼文林道を抜けて、一般道に入りました。
ここでユースホステルに、最後の連絡をします。
普通に歩けば、あと30分程度でホテルに着きます。

IMG_5000.jpg

朝のバスから見た、懐かしい風景が広がっています。
トンネルを抜けて、あとは坂を下るだけ。
それまでは普通の山道を歩いていたのに、
このトンネルを抜けると、緑の岩山が広がります。
ものすごい不思議な光景。異次元の世界に迷い込んだみたい。
そして、その異次元の世界にある、異次元のユースへとむかっていくのです。

IMG_5002.jpg

IMG_5010.jpg

坂を下ります。ただ、くねくねした道を下るだけ。
歩いて周りを見回しても、民家一つさえ見当たりません。

ずいぶん遠くからプーッという音と、
何か喋ってるスピーカーの音が聞こえてきました。
ああ、帰ってきたんだ。10時間もの道のりを。

しかも、まだゴールは数km先というのに、ユースの音がここまで聞こえてくるなんて(笑)

IMG_5016.jpg

一般道から砂利道を上り、道が小高くなっているところから
ユースの建物が見えてきます。
その赤い屋根の上に、ヘルパーが立って旗を振って大声で出迎えてくれました。
初日に見た、ヘルパーたちが歌って踊ってのお出迎え。
これが、ピーチロック・ハウス風の出迎えだ。

この派手なお出迎えに、誰が先頭を行こうかと、
譲りあいっ子しながらだったけれど、
最後はみんなでゴールしました。

IMG_5018.jpg

ユースの中では、途中で4時間コースに変更した
サマンサとモーガンも出迎えてくれました。


礼文を丸ごと味わえた、とても楽しい10時間の旅でした!

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます



ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ウエンナイから先は、道がずいぶんよくなりました。
それでも10%以上の激坂。上るには一苦労。
けどその坂さえ上りきってしまえば、楽になります。
気づけば、8時間コース終了の看板が。あまりにもあっけない終点です。
久しぶりに見た車道を、1台の車が通り過ぎていきました。

けど、自分たちのゴールはまだまだ先。
この8時間コースの終点から、さらに2時間半歩かないと、
ピーチロック・ハウスにたどり着けないのです。
思えばこの8時間コースの終点、車道があるだけでバス停もないし、
タクシーなんてくるような場所でもない。
何のための終点なんだろう(笑)

ここからは林道を進みます。
この林道の先に、レブンウスユキソウこと、エーデルワイスの群生地があります。
エーデルワイスなんていうと、小学校の時にリコーダーで吹いたっけ。
教科書の片隅にその挿絵が載っていた気がするけど、
どんな花だったか忘れちゃった。
映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中でも、
家庭教師のマリアがトラップ一家の子供たちに、
このエーデルワイスの歌を歌ってあげるシーンがあったっけ。
昔、授業で習った英語の歌詞も思い出しながら道を進みます。

♪Edelweiss, Edelweiss,
Every morning you greet me.
Small and white, clean and bright,
You look happy to meet me.
Blossom of snow, may you bloom and grow,
Bloom and grow forever.
Edelweiss, Edelweiss,
Bless my homeland forever.

小さくて白く、きれいで輝ける花、
見ると幸せになれる花・・・
うーん、どれだろう?

「これがエーデルワイスかなぁ?」

「確か白い花だったよね」

「500円玉くらいの大きさって言ってた気がする」

「でも、群生してなくね??」

白い花を見つけてはこれかな?といって、写真をとったり。
リーダーも一見花なんかあまり興味がない、って感じなのに、
ケータイで写メとりまくりです。
しばらく歩くと、この辺りの高山植物の採取を監視している
パークレンジャーのおじさんにお会いしました。
そこで撮った写真を見せて、

「エーデルワイスって、これですか?」

「・・・違うよ。」


くそ。おじさんに笑われた。

もーちょい先に群生地があるということで、もう少し歩きました。
そして。やっと見つけた、霧の中に可憐に咲くエーデルワイスたちを。

IMG_4988.jpg

IMG_4994.jpg

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます



ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
IMG_4935.jpg

お弁当のあと。
風は全然吹き止まず体も冷えそうだったので、
こりゃたまらんと先を急ぐことにしました。

IMG_4938.jpg

お昼を食べたら、今度は急な崖沿いの道を下ります。
下り道は瓦礫みたいな石の道なので、ざざざーって、足元が滑ります。
もしこんな崖で落ちたら這い上がるのが大変。
ビビってへっぴり腰ながらも、慎重に通ります。

IMG_4950.jpg

そしたら今度は、この崖を一気に下ります!!
下が見えない。
くねくねと下りて行く階段を使っても、ロープにしっかりつかまらないと
降りるのが大変。

IMG_4953.jpg

けど、リーダー、楽しそう。
自分もショートカットしてしまいました(笑)
今日は朝からくつが雨まみれ、泥まみれ、そして砂まみれ。
もうむちゃくちゃだなぁ。

IMG_4957.jpg

さて、再び海岸に降り立ちました。
けど・・・あれ?道がない。。。
近くの岩に、白いペンキで「ハイキングコース→」って書いてあるけどなぁ。
海岸線のすぐ横は数十mの岩の崖。
とてもじゃないけど、上には道はなさそうです。

IMG_4961.jpg

しょうがないので、岩をとびこえ、流木をわたり。道なき道を、すすみます。
スポーツジムで鍛えてるというサブリーダーも、この岩場はつらそう。
リーダーの靴は、もうぼろぼろ。ソールが半分取れかかってしまいました。
つくばっ子の女の子はそんな道もお構いなし、すまし顔でひょいひょいと岩場を進んでいきます。
岩場がすごく長かったので、途中で休憩もしました。
海に足を入れると、冷たくて気持ちいい!!

IMG_4970.jpg

ようやく目の前に集落が広がってきました。
そして、到着!ウエンナイです。

なんとここの集落は、車が通るような道がなく、
陸上からアクセスすることができません!
日本にそんな場所があるなんて。そして、そんな場所にも人が住んでるなんて。
もちろん携帯の電波が通じるようなところじゃありません。

そしてもっと驚きなのは、そんな場所に休憩所となる食堂があることでした。
あら、今日は早いわねーと、お店のおばさんが笑顔で出迎えてくれました。
ユースの8時間コースであることを告げ、お店の人に電話を借りて、
ユースへ定期連絡をします。
今日はウニが取れたわよと勧めてくれたので、ここで休憩することにしました。
ウニ!
この朝とって、殻からもぎたてのウニをいただけます。
保存料ゼロ、味付けゼロ!海の香りのするウニを、そのまま頂きました!

IMG_4973.jpg

うん、普通のウニと全然違う。
いままでお店で食べたウニって、なんだったんだろう。
リーダーはここでご飯と味噌汁、さらにウニのおかわりまで注文。
きっと息子の年くらいなんだろう、店主がリーダーのことを気に入ったみたいで、
ウニのおかわりは大盛で出してくれました(笑)
ウニを食べたいと札幌から来たリーダー、これには、大満足(^^)v-☆

観光バスやツアーじゃ、このウニは食べられませんよー(^o^)/。

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます