FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



東国三社めぐり その2
香取神宮の参拝が終わり、車に乗り込んで次の目的地。
自分が走る佐原方面の道はすいすい。反対車線(香取神宮へ向かう道)はすごい渋滞!
逆じゃなくてよかったと、ほっと胸をなでおろす。

道の駅さわらでごはん。銚子港からのお刺身定食。
銚電のぬれせんのアウトレットもやっていたので、ついつい買っちゃう。

IMG_5520.jpg

本当はここから息栖神社に行くつもりが、ナビの設定を間違えて、遠くの鹿島神宮に行ってしまう。
時間がない中、結構なタイムロス。痛い。

とはいえここはちばらぎの道、すいすい走って到着。
渋滞が始まるあたりで、えいやで無料駐車場を見つけて止めて歩く。
案の定、神社の前は渋滞。

IMG_5521.jpg

大鳥居が見えてきた。
確かこの鳥居、東日本大震災で石製のものが倒れてしまい、再建したものか。
神社の杉の木を利用して、同じ大きさで再現したらしい。

意外と山門までは近く、

IMG_5523.jpg

香取神宮のような大行列はなく、あっさりとお参り完了。ちょっと拍子抜けしたけど、
これが茨城と千葉の違いか。

IMG_5530.jpg

お参りを済ませた後はこんな立派な杉並木を抜ける。
流鏑馬もやるらしい。いい雰囲気。

IMG_5531.jpg

こちらは奥の院。行列ができてた。時間の関係上、また今度にお参りすることにして。

IMG_5535.jpg

あった。要石。ナマズの頭があるとかないとか。しっかりお参り。


IMG_5536_20180107225258c6f.jpg

スポンサーサイト




東国三社めぐり その1
三が日が終わった翌日、ちょっと時間ができたので、思い立って東国三社をめぐることに。
初詣はご近所で済ませてきたので、初詣ではないけれど。

東国三社は、香取神宮、鹿島神宮、息栖神社の3つ。
ともに利根川の河口辺りにある神社。
昔は霞ヶ浦がむっちゃ大きくて、ほとんど海とつながっていたようなところの両岸に
香取神宮と鹿島神宮が向かい合って並んでいたとのこと。
息栖神社はそのど真ん中、(霞ヶ浦の中にあった島に??)に位置していたよう。
この辺りの神話はものすごく興味があり、これから勉強したい。

それはさておき、まず圏央道を飛ばしていったのが、香取神宮。
香取佐原ICで降りるとすぐに駐車場1000円の看板が。
無視してどんどん過ぎると神宮を過ぎたところに500円の駐車場発見して、そこで入れる。
無料の所はお正月ということもあって激込み。しかもすごい大渋滞(たぶん1キロくらい)。

IMG_5501.jpg

にぎやかな門前通り。こんな感じで、あと2つも回れるのか?と不安になる。

IMG_5503.jpg

門前を過ぎ、屋台のいろいろな誘惑にかられながら先を進む。

IMG_5506.jpg

立派な総門。

IMG_5508.jpg

本堂に通じる楼門は大行列。

IMG_5509.jpg

なかなか進まない行列に、さすがに時間が気になり始める。16時半にはつくばに戻らなきゃいけないけど・・・
同じペースなら確実にアウトだしなぁ。

IMG_5517.jpg

けどしっかり地図を見て、奥院など主要なところはしっかり押さえる。
気になったのがこの要石。地震を起こすナマズの尾を押さえているとか。
震災もあったので、しっかりお参り。
ちなみに要石は香取神宮にもあり、そちらはナマズの頭を押さえているとか。
中央構造線がおそらくこの辺りを通っているとか、関係あるのかな。

いきなりそこそこの分量になっちゃった。今日はこの辺までで。

ホタル
ホタル狩りしてきました。
家から約50㎞ほどの、笠間市にある南指原へ。
朝日峠、フルーツラインとよく自転車で走る道を車で走り、
さらに道祖神峠を越えたところにあります。
南指原の集落は峠を降りたところの谷あいにあって、
10軒程度の家と、棚田が広がっています。

IMG_2118.jpg

着いたのは夜7時。ちょうど三日月がくっきり出てきたころ。
あたりが薄暗くなり始めると、たくさんのカエルが鳴きだしました。

それから30分くらい待ったところで、ホタルがようやく姿を出し始めました。
光の弱いホタル、強いホタル。点滅するもの、ずっと光ったままのもの。様々です。
きれい。外灯とは比べられないほどの弱い、切ない光がふらふらと宙を舞っているのが幻想的。

IMG_2526_20120625214716.jpg

IMG_2530.jpg


この日残念だったのが、ちょうど近隣の市で鑑賞会のツアーをしてたらしくて、人が多すぎでした。
前に来たときは、人が10人もいなかくてゆっくり見れたのに・・・

さらに、ホタルを探すのにそこら中でライト照らしてる家族連れがいたり、
ホタルを捕まえて、さらに持って帰ろうとした子がいたり。
せっかくのいい雰囲気をぶちこわしにされるだけじゃなくて、
ホタルは周りの強い光に負けると、光るのをやめてしまうそうです。

地元のホタルを守る会の人たちが見回っていて、
子どもや家族連れに、優しい口調で、けどきっぱりと注意していました。
聞けばこの地区の田んぼや畑は、ホタルが住みやすいように無農薬栽培にしているんだとか。
雑草はすぐ生えてきて大変だけども、それを手間かけて抜き取っているんだそうです。
人の多い時期は交通整理をしてたり、近隣の民家の人もトイレを貸してくれたりと
この地区のみなさんでいい環境を作っているようでした。

ここのホタルが5年後、10年後も見れるかは、この地区の方達だけじゃなくて、
私たちにもかかっているのかもしれませんね。

また行きたいな。今度は静かなときに。

房総半島ドライブ~養老渓谷
房総半島ドライブの続きです。
飯を食べ終わったのが2時半くらい、このあと房総の山の中にある
養老渓谷を目指さなきゃいけないのに、・・・ピンチ!

とは思いながら、もう一つ寄りたいところ。
東京から一番近い棚田がある、大山千枚田。

IMG_1897.jpg

幅は狭いながら、斜面のところをこんな棚田が続きます。千葉とは思えない!
棚田についたのが3時過ぎで、いよいよ目指す養老渓谷につくのが夕方になっちゃう・・・
ってことで車で急ぐ。

勢い余ってうっかり外房の鴨川まで行っちゃった・・・。

IMG_1900.jpg

気を取り直して山道に戻るも、ナビに案内された先が細いくねくね道だったり、
車が1日に1台通るかどうかのほぼオフロードだったりと散々(>_<)
迷いながらもようやく目的の養老渓谷までたどり着きました。
メインの滝になる、粟又の滝。

IMG_1917.jpg

上の方から。水深がとても浅くて、夏なんかは川遊びによさそう。
そこそこあったかい日だったので、靴ぬいで川の向こうに行く人もたくさん。

IMG_1908.jpg

粟又から下流の川沿いには遊歩道が整備されていて、歩きやすい。
所々は大きめの飛び石もあって、子供連れなんかがはしゃいでました。
ちょっと進むと、7,8匹くらいの猿の群れがいたり、川の両側に茂ってる紅葉の上を
リスが横切って行ったりで、自然にあふれてました。

IMG_1926.jpg

小さい滝のところで、時間も気になりだしたので、来た道を引き返す。
駐車場に戻ったころには管理人もおらず、止まっている車も2台だけでした。

IMG_1924.jpg

夕飯は袖ヶ浦まで下道で戻り、アクアラインの木更津金田インターちかくにある
やまよというお店に入りました。
こっちが、アナゴ重定食(1200円)で、

IMG_1929_20120522220159.jpg

こっちがアナゴ天重定食(1200円)。
でかい!

IMG_1931_20120522220158.jpg

東京や神奈川から目と鼻の先ながら、意外と魅力的な場所でした。
今度はマザー牧場でアイスも食べたいな^^/

房総半島ドライブ~鋸山
天気のよい週末だったので、久々のお出かけ。
これまで行ったことのなかった、鋸山と養老渓谷に行ってきました。
今日は前半の鋸山周辺の記事。

IMG_1894.jpg

鋸山は、もともと住んでた横浜からは海を挟んで目と鼻の先で、
名前は知ってたけどいつでも行けるからいいや、と放置してた観光地。
標高も300m台だし、らくらく回れるだろうと思ってた山で、なめてましたが・・・
かなりしんどかったですorz。

鋸山へ向かうロープウェーの駐車場は満車だったので、
自動車専用道で山を登ります。
わずか2㎞足らずの道で往復1000円。
ちょっと高いな、と感じたけど、
山ありトンネルありの荒い道を走ってみたら、金取られるのもしょうがないかと妙に納得。

道を登ると、日本寺というお寺になっていて、拝観料を払って中に入ります。
すごい名前だな、と思ったら、歴史が結構古くもう1000年以上も経つのだとか。
山門をくぐって地図を渡され、いきなり分かれ道。しかも、登りか下り。

IMG_1854.jpg

まずは大仏を目指して下るか、と思ったら。。。
下り。ひたすら下り。いきなり足が笑ってる。
まだ5月だというのに、いきなり汗かきまくり。
木陰が多かったのがせめてもの救い。

IMG_1861_20120520225147.jpg


大仏。でかい。
ここの石を切り出して作ったのかな?こんなのがあったなんて、驚き。

次に展望台。
大仏が一番下で、展望台は一番上なので、今度はひたすら上り。
石段の数が2639段あるそうで、歩幅はほどよい作りだけども、とにかく疲れる。
観光客も老若男女問わずたくさんいたけれど、みんな息絶え絶えだったような・・・?

そんな上からの景色。またこれが半端ない。
海の方。浜金谷の町や、三浦半島の方の景色が一望。

IMG_1866.jpg

こっちは山側の景色。垂直に切り立った断崖絶壁。
山側は新緑の海って感じ。

IMG_1871.jpg

地獄覗き。崖が出っ張ってできている。

IMG_1876_20120520225346.jpg

地獄覗きの下には、ここにも大きな観音様。

IMG_1882_20120520225145.jpg


とにかく、すべてのスケールが圧巻な山でした。

山を降りて遅めの昼食は、金谷港のレストラン波留菜亭で、鯵のなめろう定食。
鯵のネギトロ版みたいなものかな?
千葉名産の漁師料理だそうで、付け合せの海藻やみょうがなどと一緒に食べます。
いかにも漁港らしい、なかなか通な感じの?味でした。

IMG_1893.jpg