FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



えび、食べ、行こー♪
PICT0091_20091008233158.jpg

お久しぶりの更新です。
仕事の方が忙しくって、パソコン開く間もありませんでした、、、

さて、タイトルの通り。
第二自転車部の活動で、千葉・一松海岸より御宿町まで片道30km、乗ってまいりました。

天気は曇りで昼間にちょこっと雨。
自転車道とは言いながらも、砂がたまってたり、途中で道が途切れたり、サーファーが道を占めていたり、途中は歩道がかなり細くなったり、あったりなかったりで、今回は走りやすいとは言えませんでしたが・・・。

PICT0072_20091008233230.jpg

これ食ったらどーであれ満足ですよ!
御宿町でイセエビ祭りなるものをやってて、広場ではテント広げて、海老焼いて食べてるわ、協賛店では海老を安く食べられるわで。
寄ったのが何とか寿司ってお店で、そこの海老天丼。
安いとは言いながらも、伊勢海老だけあって3150円!!!
そんな高いもの、初めて食べました!
でっかい海老がそのまま天丼に、イセエビの出汁を取った味噌汁つきです。

PICT0063_20091008233303.jpg

こちらは一緒に行ったミョー氏の伊勢海老まるかじり。
ってかこれ頼んだら、水槽からなにやら一匹すくい上げて、あれやこれやという間に触角が動いたまま出てきてました。

PICT0087_20091008233324.jpg

ついでに寄った月の沙漠記念碑。
何でも、月の沙漠のモデルとなった場所がここらしいです。
海はなかなかきれいな場所でしたね。
九十九里とはまた違った、よい雰囲気をかもし出してる場所です。
後ろに、自分たちが置いた自転車が、見えてるのは気のせいかな・・・?

PICT0081_20091008233348.jpg

帰りは太陽の里でひとっ風呂浴びて、帰宅。
成田から稲敷はとんでもない霧で、どうなることかと思いましたが、無事に帰ってこれました。
そしてまだチェーンの砂が取れません・・・。
スポンサーサイト




高速バス廃止
ついに来てしまいました。
何度かお世話になった「東京駅-筑波山」線が、先月9月末をもって廃止されました。
つくばエクスプレスができてから路線が変更になり、センター付近を通るなど対抗策をとっていましたが、もともと2時間に1本の路線、さすがに体力は持たなかったようです。
それに今は、つくば駅から筑波山までの直行バスもあるし、走らせる必要はないのかもしれませんね。

旧筑波駅に行ったついでに写してみました。
このポールはもう見納めかな?

PICT0004.jpg

PICT0007_20091125005410.jpg


クルクル回せ!!
最近自転車の記事がかなり続いてますが、今日もそんなネタ。
今日は野暮用で東京多摩地区に行ってまいりました。
常磐道→首都高→中央道と。
首都高と中央道はひどい渋滞で、予定より一つ手前の出口で降りざるを得ませんでした(>_<)。
んで、その野暮用を終えた後(とはいえ結構かかったのですが)、いよいよ目的地に向かいます。

そこは、自転車のメッカ、多摩川サイクリングロードのとある地点への巡礼。
ここです↓

PICT0028_20091008234948.jpg


突如サイクリングロードに現れる「クルクル回せ!!」の文字。
ぶっちゃけどうでもいいものなんですが、多摩サイを走る人たちの間ではかなり話題になっているようです。
正確な場所は、府中市の四谷小学校の付近の東京側の道。
だれが、どんな目的で書いたのかは全くわかりません。
だけど、これは職業自転車の人たちにとっては、何かの暗号になようですね。
実際にここの地点に来た時に、みんなクルクル回しているようです。
ただスピードを出せ、ということではないかと思いますが・・・。
実際走ってみたらわかるのかな??

どうあれ、新チャリで一度多摩川は走ってみたいなぁー。

PICT0029.jpg


筑波山のふもとまで
PICT0013_20100205015300.jpg

だいたい40キロちょいって所でしょうか?往復で。
シューズのビンディングを外したりつけたりの練習で、筑波山のふもとまで行ってきました。

昨日はすごい雨だったのに、今日はさわやかな秋晴れ。
雨の影響で、途中の桜川はすごく増水してました。
土浦の花火競技大会もこれで来週に延期になってしまいました・・・。

さて、ところどころに田んぼから水があふれてたりで足元に気をつけながら、進んでいきました。
西大通からさらに408号、125号にぶつかるところでりんりんロードへ。
そっからはちょっと走って筑波駅。
行程はだいたい1時間くらいで行きましたね。
はじめはビンディングの脱着がままならないものの、かなりねじ緩めてるんで、本当にこけそうになった時でも一応外れることがわかりました。
ただ、もう少しなれないと怖いかな、って感じです。特につくばセンター付近では。

さて、わずかな距離ながらもりんりんロード初進出ってことで、このつくばりんりんロードについて簡単に紹介してみましょうか。

PICT0010_20100205015300.jpg

このつくばりんりんロードは「岩瀬土浦自転車道」という正式名称で、常磐線土浦駅と、水戸線岩瀬駅を結ぶ、全長40.1キロのサイクリングロードです。実は県道にもなっていて、県道501号線になっています。筑波山のふもと辺りに来ると、トップの写真みたいな田園風景が広がっていて、かなりのどかな感じです。

PICT0018_20100205015300.jpg

ここはもともと「筑波鉄道」が走っていましたが、1985年に廃止されてしまいました。その跡地を利用して作られたもので、自転車道も新しいこともあり、かなり走りやすい、いいコースです。
昔、駅があったところには、休憩所が設けられています。
写真は2005年春に撮ったときの筑波休憩所です。
つくばエクスプレスが開通する前はここがずっと筑波駅だったようです。
いまじゃつくばエクスプレスと区別するために、ここは「筑波山口」と名前が変わっています。

PICT0016_20100205015300.jpg

筑波駅のあったところのホーム。
ホームの形はそのままに、ベンチや座るのにちょうどいい階段など、休憩所が設けられています。

そのうち終点の岩瀬まで行ってみたいなぁー。

PICT0021_20100205015300.jpg




お仕事仲間で、富士三湖めぐりしてきました。

土曜日の朝に山中湖を起点にして出発。
高校の合宿じゃ散々行った平野から、北ルートを通り河口湖。
いつも合宿での初日は、山中湖1周を走る、「山中湖マラソン」が伝統で続いている。
そんなことを受験の年まで、3回もやってました。

それと同じ道を今回は、1週間前に買ったばかりの自転車で。
今まで夏には見たことなかった富士山を、今日は拝むことが出来ました!

PICT0053_20100301235737.jpg

山中湖マラソンでは「給水所」と呼ばれる、平野から1/3周くらいのセブンの横で右に曲がり、森林の中を走ります。
道は途中から歩道がなくなったりと少し走りにくいものの、ゆったりした下りでスピードもみるみる上がって行きます。
家が見え始めてからは歩道があるけど、道は相当に悪いですね(>_<)。
かといって、まだそんなスピード出すほどでもないし。

多少道には迷ったものの、河口湖には昼前に到着。

PICT0056_20100301235737.jpg

河口湖の南東側の、ロープウェイの乗り口あたりで休憩。
この辺も大学の新勧旅行で3回も来たことがあったりして・・・。

東側の湖畔を巡ったあとは河口湖大橋を渡ったところの不動茶屋にてお昼。

PICT0066_20100301235737.jpg

茅葺きの趣のあるうどん屋です。
うどんはコシが強く、なかなかの食べ応えでした。

PICT0072_20100301235737.jpg


北側の湖畔を走り、河口湖を離れると標高差50mほど?の坂を一気に上がるとすぐに西湖。
ここまで来ると車の数はぐっと減り、十分に走りやすい道になりました。
余力があれば精進湖、本栖湖も回りたいところだけど、今回は山道ということもあり、この3湖で引き返し。

帰りの河口湖から山中湖までまでの道は、100m以上の高低差。
勾配はそんなにきつくはないけれども、富士の裾野に沿ってじわじわと上っていくわけで、ひたすらなだらかな上りが続いていきます。
ちょうど合うようなギアはないし、座ってこいでも足が重いし。
ここでかなり体力を奪われました。
とどめは山中湖着いてからの、ホテルへの坂。
10%くらいの勾配はあったんじゃないか?そんな道を500mくらい一気にあがりました。
湖回ったよりも、そこでほとんどの体力を使った気がする・・・。

なにがともあれ、皆さんお疲れ様でしたー。



PICT0089_20100301235737.jpg