FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



つくばマラソン
PICT0055_20091125003521.jpg


つくばマラソン、走ってきました。
天気は曇りがちで、スタートの頃は少し寒いくらいでしたが、走ってる分にはちょうどいい気候でした。
距離は初の10キロで、ペース配分もよくわからなかったのですが、いつものハーフよりは少し飛ばし気味で走ってみました。

タイム42分27秒の第199位。

横浜マラソンの時の10キロが50分強だったので、短い距離だったというのもあり、まあまあのタイムが出せたと思います。

1キロ4分のペースには届かなかったけど、10キロの部は2000人の参加者だったので、十分な結果だったかな?


ところで、フルマラソンのほうは今回からコースが変わったそうです。
実際走った人の話を聞いてると、つくばマラソンは道がかなり平坦で、タイムが出やすいとのことでした。初マラソン、もし挑戦するならもってこいの大会なのでしょうね。本当に参加するかは考えもんですが・・・。

スポンサーサイト




すごい確率?
今日の高速の帰り道。
サービスエリア寄って、夕食とって休憩して、車に戻った時、
かなりの珍しい?車が自分の車の横に止まってました。
それは、マツダの水素ロータリーエンジン車。
RX-8をベースにした、ガソリンと水素のどちらの燃料でも走れる車で、今年の2月にリース販売を始めたばかりの車です。
東京モーターショーで、もしかしたら目に留めているかもしれません。
調べたところでは、民間には今のところ5台納入されてます(2006/11/20現在)。
そのうち3台は中国地方の自治体向けなので、東京には多くとも2台しかないことになります。
そのうちの1台が、自分の車の横に止まっているなんて・・・?

まさに、すごい確率です。

そんな車が、自分の車の横にいるだけで、怖いですよ。
なんせ、まだ月額40万円の車ですから・・・。
もしサービスエリアの駐車場から出る時にぶつけたら・・・?
なんて考えちゃいました(笑)。

こんな車が、今のプリウスみたいに普及するような時代はもうすぐ来るのでしょうか?
そんな未来にちょっと期待。
スタンドで、レギュラー満タンでなく、水素満タンとか言うようになるのかも知れませんね。

桧原湖一周(2)
寒さに震えながらも、とにかく出発します。
今回の出発地点は、桧原湖北端の駐車場。

いきなり細い道を走っていきます。
細いとはいえ、一応県道。
ただし、車どおりはあまりないみたいです。
観光客もこの辺には来ないようです。

PICT0131.jpg

秋晴れ、というよりは冬晴れ?
とにかく、雲ひとつないいい天気でした。
車の中にグローブ忘れたのはちょっと失敗。

PICT0134_20091009002328.jpg

道がだんだん細くなり、やがてはこんな感じに。
ここまで来ると、たまにツーリングのバイクに追い抜かれるくらい。

PICT0135.jpg

さらに走ると、湖の向こうに磐梯山が見えてきました。

基本的には起伏ありの一周31キロほどのコース。
北側から出発して、小さいアップダウンをとにかく繰り返す。
ここがはじめての?まっ平な直線。
下りのあとにこの直線なので、スピードアタックしたくなりますね。

PICT0136.jpg

さらにアップダウンを繰り返すと、二つ目沼。

PICT0137.jpg

二つ目の沼を過ぎ、道の駅裏磐梯まで500mの表示が出てきたら勝負!
一気に坂を上がり、右に入ったところが道の駅・裏磐梯。

PICT0140.jpg

休憩場所にはもってこいでしょう。ここから先も道がきついので。

PICT0139.jpg

道の駅、裏手からの景色。右奥に桧原湖、左に二つ目沼があり、真ん中にさっきまで通った道があります。
一気に20mほど上がる、ちょっときつめののぼりです。

道の駅を過ぎてから国道と合流するので、ここから交通量が若干多めになるので注意。
それでも、自転車が走る余裕はじゅうぶんにはあるけれど。
ここからがこのコースのヤマ場。
だらだらながらも、およそ100mの上りになるようです。
ギアはちゃんと合うけれど、坂が長いので、ちょっときつめ。
上までついたら、今度はすぐに下り。
せっかくためた位置エネルギーを、すべて使い果たしてしまいます。
しかもそこは磐梯ゴールドラインとの合流点。
時間によっては、行列ができるほどの交通量です。
歩道もないので、車の流れにあわせて一気に下っちゃいました。
前後に車があったんでちゃんとは見てないけど、下り坂参考記録55キロ。

下ったところは道が急に渋滞するので、追突注意。

PICT0143_20091009002639.jpg

というのも、この紅葉!
猫魔ホテルの庭ではこんなきれいな紅葉狩り。
この一帯は、写真取りに来てる人もたくさんいましたね。
もーちょいはしると、やっとこさ歩道が現れます。
ただ、この辺は人も多いので結局スピードは上げられません。

PICT0146_20091009002712.jpg

遊覧船乗り場。
駐車場はこの辺が一番広めで、100台は余裕でとめられそうです。
何人かで来る時はここが出発点になりそうな感じ。

またまた走ると、桧原湖の一番初めの記事で紹介したセブンイレブンのところで左に折れます。ペンションが立ち並ぶ一帯を抜けて坂を上がって歩道をずっと走っていくと、前日に寄ったレンゲ池が現れます。

ここをすぎると再び歩道はなくなり、上り下りの多い道に変わります。
ただ、湖の脇をずっと通っていくので、景色はなかなかのものです。

PICT0149.jpg

道の途中で撮った湖。
対岸に橋が見えてくると、まもなくゴール。
早稲沢の駐車場に着きました。

これで1周、31キロ。
休憩もいれて2時間の道程だったので、ちょっと物足りない感じでした。
こっから米沢までは50キロだったので、少し頑張れば・・・・・?
きつそうですが。

そんな桧原湖一周でした。
移動時間が8時間、自転車時間が2時間だったので、ちょっと不満は残ります。せっかく走るなら、2泊3日で行けばよかったかな?
この辺は猪苗代湖に会津街道など走れそうなところは何個かあるから、またそのうちいってみようかな?雪の溶ける頃に。

PICT0155_20091009002918.jpg

桧原湖一周(1)
桧原湖一周(2)

桧原湖一周(1)
思い立ったが吉日、前日にネットで宿の予約も取れないまま家を飛び出してみました。
ちょうど会社の1こ下が同期の結婚式?で、みんな福島に行った矢先。
自分も同じ方面に飛び出してみました。

行き先も前日(当日?)の夜に決めて、

①自転車が乗れるとこ
②紅葉がきれいなとこ
③車でぱぁーっと行けるとこ

の3拍子そろった条件を満たした塩原か福島でまよって、最後は1周のサイクリングコースがある?といわれる桧原湖にいってきました。

10時ごろ、愛車の自転車(?!)を後ろに乗せて、いざ桜土浦から出発。

けど・・・
福島って意外に遠いのね(笑)。
高速もそんなに慣れてないし、ずっと運転してると結構疲れるのね。
水戸に近い友部で休憩、茨城北部の中郷でまた休憩、磐越に入って阿武隈高原でまたまた休憩。もう休憩しまくりです。
んで自分が降りようと思った猪苗代磐梯高原を過ぎ、磐梯河東で降りました。
降りる場所まで勘違いするなんて・・・まさにいきあたりばったりです。

一個過ぎてしまったので、仕方なく有料道路の磐梯ゴールドラインを使用。
これがまた高い!普通車730円。
確かに眺めはいいけれども、その値段はちょっと・・・って感じ。

PICT0095.jpg

中腹のところどころに駐車場があって、そっから会津盆地を一望できます。
背後には会津磐梯山。
この時期ならまさに道の名の通り「ゴールド」って感じですね。

PICT0097_20091009000626.jpg

まあ、ドライブするには絶好の天気で気持ちよかったし、いいとしましょうか。

有料道路を降りて裏磐梯へ着きました。
この付近はペンションが並ぶ、絶好の避暑地。
コンビ二もなぜかペンション色。

PICT0103.jpg

道は紅葉シーズン3連休のため渋滞。
車もなかなか進まないんで、適当にどっか停めて自転車も考えたけど、無理やり車乗って行きました。
んで、着いた先は五色沼のうちの毘沙門沼。

PICT0104_20091009000734.jpg

沼が5つで五色沼というんでしょうか?
何とか沼ってのが多すぎて、どれが五色沼かよくわかりませんでした。
途中の高速で買ったまっぷるを今読み返してみると、
「毘沙門沼」「弁天沼」「青沼」「柳沼」「るり沼」と5つ書いてありました。
もしかして、これで五色沼なのかな?

とりあえずこの辺は湖沼が多いみたいです。
今回行った桧原湖は裏磐梯で最大の湖だけど、
湖は他に小野川湖と秋元湖と曽原湖、
沼は雄国沼にさっき書いた五個の沼、レンゲ沼、銅沼、
あとは名前も書いてないようなものが300個あるそうです。
たくさんありすぎて、どれ見ても「へぇ~」くらいにしか思わなくなってきますね。

毘沙門沼は、なんかボートがたくさん浮いてて、沼の色も緑で、
植物性プランクトンがたくさん発生したんじゃないか、って感じの色。
おまけに日もかげってたので、そんなにきれいなのかな?っていう印象でしたね。
もう少し、日の傾いていない時間ならいいのかも。

次に行ったのがレンゲ沼。

PICT0116.jpg

その名の通り、レンゲがたくさん浮いてます。
空が雲ひとつない夕焼けで、沼には鳥一匹、ボート一台浮いてなく(違)、
風もないもんだから・・・沼に、向こうの木がはっきり写ってきれい。
写真を撮りにこられた方に混じって、自分もシャッターをパチリ。
静かに移りゆく時の流れに、しばし心を奪われてしまいました。

PICT0122.jpg


さて、どっぷり日も暮れて。
さてそろそろやらないと。宿探し。


はじめに「空き室あります」を見つけた、桧原湖畔の第一ゴールドホテル・・・だめ。
五色沼国民宿舎・・・だめ。
なんとかかんとかってペンション・・・全然だめ。
国民宿舎なんか、この看板見て「しめた!」と思ったんだけど・・・。

PICT0125.jpg

ダメなら若松か猪苗代市内に下りようかと覚悟を決めたとこで、
最後に訪れたペンション「蛍」の方が、自分のところが満室にもかかわらず
一生懸命宿を探してくれました!
そして一軒のラーメン屋さん「幸屋食堂」ではペンションの紹介をしていて、
そこから「民宿 五色」に案内してくれました!!
ありがとうございます!!
なんとか寝場所も見つかり、いよいよ明日は1周サイクリングです~♪

(まあ3連休に宿予約なしで、夕方6時に探し回るバカも早々いないですよね・・・ご迷惑おかけしました・・・。)

さて、なにがともあれ次の朝。

PICT0127.jpg

・・・。

PICT0126_20091009001030.jpg


・・・・・。

PICT0128_20091009001106.jpg

裏磐梯、寒いです。


桧原湖一周(1)
桧原湖一周(2)