FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日光の記事に
地図を追加しました。

http://milemark.blog29.fc2.com/blog-entry-82.html

よく観光で行くところが、下半分のところ。

そういえば、来月、サイクルモードがありますね・・・
http://www.cyclemode.net/
モーターショーと併せて、2週間連続で幕張に行くことになりそうな予感。。。
スポンサーサイト

山王峠とまたぎの里
昨日の続き。



戦場ヶ原から湯滝に向かう前に曲がり、光徳牧場の横を通って、林道に入ります。
林道が、先月の台風でずっと通行止めになっていたらしく、開通したのはつい一昨日だったとか。危なかったー

07-10PICT0146.jpg
さすがに細い道だけあって、車が少ないのはほっとしたものの、
いろは坂の後の登りはつらすぎ・・・
さすがに足着き(尽き?)ました。
勾配はいろはと同じくらい(むしろゆるい?)位なんだけど、すでに800mも上った足にはつらすぎ・・・
途中の食糧や水分補給を重ね、のったりおりたりを繰り返して・・・

07-10PICT0150.jpg
やっと着いたーけど眺めは最高!
さて、これからは一気にダウンヒル!


・・・と思ったら、
道はカーブきついわ、激坂だわ、道は砂利だらけ。
道路を横切る排水溝もじゃま。
それに、いたるところで水が出てたり、がけ崩れしていたりで、
ロードで走るには全然むいてない・・・(泣)
いろは坂ののぼりで作った時間の余裕が、すっかりなくなっちゃいました

でやっとついた、川俣温泉郷。

ここには、ある期間をおいて時々お湯が吹き上げる間欠泉があります。
日本では10箇所くらいしかないみたいです。
その間欠泉を記念に写真撮影

07-10IMG_1209.jpg
川の下から、こんな高さまで上がってきました。

川俣でも、いろは坂であったロードの二人組みに遭遇!
自分は今回ビンディングでなかったのに、同じくらいの時間で着いたことにびっくりしていました(=^_^=)

ここ川俣温泉が今回のツーリングの中間地点。
湯元食堂でお蕎麦を食べながら、地図を広げてみた。
はじめは霧降高原を登るショートカットで帰ろうとしたけど、
さすがに足の疲労がピークで、のぼりを行く気にならない(-o-|||)
半端に上ろうとして、日が暮れたらまずいだろうし・・・
霧降高原じゃ、逃げ道がない。。

そこで坂が少ない?川治、鬼怒川ルートに変更しました。
距離は初めの予定より30km長くなるけど、なんとかなるだろって。

07-10IMG_1213.jpg
途中、滝発見。
この辺には「またぎの里」ってお店があって、
鹿肉とか?変わった肉が食べられるらしいです。

07-10PICT0154.jpg
霧降高原のいりぐち。
本当は、この道をいくつもりだったんだけどなぁー。

ただ、この辺の下りは本当に気持ちいい。
道も広くなったし、ちょうどいい勾配で平均40くらいでクルマに引けをとらないくらいに飛ばせる。
たまにトンネルがあるのが気になるところ。
暗いから車が来ると、さすがに危ないんだよね。。

歩道を走らざるを得なくなるのが残念( ̄~ ̄;)

07-10PICT0155.jpg

だんだんと切り立った岩場が増えてきて・・・

07-10PICT0158.jpg

川治ダムが見えてきました。

07-10PICT0159.jpg
鬼怒川観光ホテール♪
そういえば、あのCM、あまり見なくなりましたね・・・

07-10PICT0161.jpg
ウェスタン村。
もうつぶれてしまったみたいです。。
4人の大統領の顔が刻まれたマウントラシュモアが映った、ここのCMも、昔みた覚えがあるけど・・・

ここまできたら、あとは幹線道路を進んで今市経由で日光に戻りました。
今市では道を間違えてタイムロスして、日が暮れちゃったけど、
一度もトラブルなく到着♪
総距離120km、標高差1200mの、周り応えあるツーリングでした。
茨城の山一周(筑波山)、栃木の山(男体山)を制覇したことだし、
次は群馬の山一周???

日光の「いろは」
男体山一周120km、高低差1200mを走ってきました。



日光駅の裏にある、大谷川公園の駐車場に車を置きました。
駐車場は駅前というのに、2,30台が無料で停められるし、何より最高の立地。
観光地だからどこも有料かなと思ったけど、これで一安心して乗っていけます。準備運動して、朝7時45分スタート!

PICT0133.jpg

はじめから、だらだらとした上り坂。
日光って、こんな地形だったかな?と思いながら
二荒山神社、神橋、東照宮の前を通り、ひたすら国道121号を進みます。

PICT0134.jpg

宇都宮道路終点の清滝インター前のコンビニでかるーく朝ごはんを食べて、いよいよ馬返からいろは坂へチャレンジ!
すでに日光駅から300mも上がり、そこからいろは坂の上まで440mほど。

PICT0138.jpg
←「つ」のカーブ

けど・・・クルマが多すぎて走りづらい。
一方通行とはいえ、路肩は狭いし、道路は2車線だし、もちろん観光シーズンだし。
こんなところでパンクしたら直す場所ないぞ?!

やがてひたすら続く10%の勾配に徐々にペースが落ちていき、「ち」のカーブあたりで2人のロードに抜かされました。
自分はこのとき10km/hのスローペース、2人は12km/h。
これならついていけるかもと思って、オーバーペースを心配しながらも何とか離されないように追っかけていきました。

これが大正解。いろは坂の上の明智平まで、当初考えてたより30分以上早く到着しました♪

IMG_1198.jpg

2人は宇都宮から走って来たみたい?!宇都宮から日光だけでも既に40kmあるのにすごい!
この後の行程もだいたい一緒みたいで、また会ったときにでも、ってことでそれぞれ自分たちのペースで行くことにしました。
(足に自信があれば、一緒に行きましょうか、と言うところだったんですが・・・

中禅寺湖。

PICT0141.jpg

上からの竜頭の滝(自転車黒くて見えねぇ・・・)。

PICT0143.jpg

戦場ヶ原のあたりは、走るのに一番気持ちよかったです~
道はフラットで、トレッキングしている人の横をどんどん抜かしていきます。
国道をそのまま走れば湯の湖、金精峠と続くところを途中から林道に入り、いざ標高1740mの山王峠へ!!戦場ヶ原から325mの上りに突入です。
もう、いろは坂も越えたし、軽い上りだけかなぁ・・・?


ママチャリで箱根 後編
(ALPSLAB)

小田原の中心部を通り、箱根登山鉄道のガードをくぐると、いよいよのぼりの始まり。遠くには箱根の山々もうっすらと見えてきました。

20071006021030.jpg


はじめはだらだらした軽~いのぼりで、楽勝♪箱根湯本まではらくらく到着。
ここから、国道1号線としばしお別れをして、今回は旧街道のほうを進みます。

んん?二輪通行規制??

・・・ま、いっか。ママチャリだし。
20071006021355.jpg

※あとで調べたら、どうやら日曜日は、二輪に排気量規制があったらしいです。ママチャリは全く問題ありませんでした。

三枚橋を過ぎると、急に道の勾配がきつくなってきました。

5%程度ののぼりが延々と続きます。
町の中の坂ならちょっとだから何とかなるけど、
3段ギアのママチャリにはきついわー

とにかく坂が続きます。名前のついている坂もたくさんあります。
葛原坂、女転(おんなころばし)坂、割石坂、大沢坂、橿木坂、猿滑坂、追込(ふっこみ)坂・・・
ってか、坂の切れ目なんてあるか

20071006021145.jpg


畑宿到着。さすがにペースダウンしましたorz。
時速5キロくらいしか出てなかったんじゃないか?
前日の徹夜とママチャリのハードルは、さすがにきつい。
けど、こっからがますます大変なんだよね・・・。

平均斜度12%の、旧街道名物、七曲。

20071006023506.jpg

とりあえず道が訳わかんないことになってます。
走り屋もよく来るのか、道路は、タイヤ跡とライトの破片だらけです。
自転車がパンクしないかひやひやもんです。
かといって道路の内側を走れば車が来るわ、歩道を走れば石畳になってるわで、とにかく走りにくい。

ロード乗りのお兄ちゃんにも、「そんなチャリンコで登ってるの?!頭おかしいぞ」って抜かれざまに言われました。
ええ、頭おかしいですよ(笑)。
カーブをあっという間に消える向こうはBianchi、
それに対する自分はマルキン自転車。
ママチャリで箱根はさすがにないでしょ。
今でも、なぜ登ったのか、よく分かりませんw
よっぽどチャレンジャーなのか、それとも思いつめてたか、それとも本当にバカだったのか・・・?
けど、七曲で自分を抜かしていった人が、先の甘酒茶屋で待っていて、ジュースをくれたのがすごくうれしかったです。

甘酒茶屋まできたらあともうひと踏ん張り。
お玉が池が見えてきて、びゅーって下って、芦ノ湖に到着♪

20071006030704.jpg


・・・って来たのもつかの間、日帰りの強行軍なので、わずか15分の滞在で復路スタート

20071006033957.jpg

帰りは国道1号沿いに一気に下ります。
国道1号最高地点から芦の湯、恵明学園、宮ノ下、大平台のヘアピンカーブ、函嶺洞門と、箱根駅伝でおなじみのチェックポイントを通ります。
ともかく早い。最高速54.7km/hを記録。クルマを煽りながらのダウンヒル。
ママチャリが空中分解するかと思いました(笑)。
横浜市内までそのまま、箱根駅伝のルートを忠実に守って帰ってきました。
帰りも警察にお世話になりましたが(汗)
まさか一日に2度も停められるとは思いませんでした。

そんな箱根制覇、全160km。計?時間。
あの箱根があったからこそ、今の自分の自転車生活があるように思います。
あの時はバテバテだったけど、いつか今のスペ車でリベンジしてやる!

ママチャリで箱根 前編
昔の写真をあさっていたら、思いがけないものが出てきたので、
記事を上げたくなりました。

ママチャリで箱根往復

20071005001552.jpg


昔住んでいた横浜から、ママチャリで箱根を目指す!という壮大なプロジェクト!!!
横浜から箱根までの距離は、往復で約150kmオーバー。
距離だけでなく、標高も海抜ほぼ0mから、最高874mまで上がる、ママチャリではちょっとハードなコースです。

日帰りの強行スケジュールのため、早朝4時に出発。
しかも前日は飲み会で、3時間しか睡眠とってませんでした

出発して数キロで、早くもトラブル発生
歩道のちょっとした段差の衝撃で、ママチャリの前輪についてる鍵が壊れました。。。
パンクしたわけじゃないので、自転車の走りには問題はないものの、
このことが後の旅程にずいぶん影響しました。

自分の自転車が、盗難車と思われたのです

権太坂を越え、横浜市内を過ぎて6時前に藤沢に入ったとき、反対側から来たパトカーが自分の前で急転回し、『そこの自転車、止まりなさい!』って拡声器で止められたのです。
はじめは疑われてかなり怒鳴られましたが、盗難車チェックが終わって疑いが晴れると「また呼び止められるかもしれないけど、気をつけてね」と言ってくれました。
それにしても、パトカーから鍵が壊れてたって、よく見えたもんだ・・・?

何がともあれ、その一件があったあとは順調に進みました。
基本的には行きは旧街道。
ちょっと道に迷いそうになるけど、ずっと車の多い国道1号を走るよりは、静かな道の方がいいですよね。
小田原には9時前に到着。いよいよ険しい箱根八里へGO!

20071006013139.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。