FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ソースカツ丼(むらい)
この数ヶ月、矢場とん@名古屋の地下街や、つくば美豚@とんQなど、
トンカツを口にする機会が多いです。
トンカツ屋さんって、御飯大盛とかキャベツおかわり自由とか、
どこもサービスがいいけど、
意外とお肉の量に満足しないことって、ありますよね。
そんなイメージを吹っ飛ばすお店を紹介↓↓

IMG_0242.jpg

会津若松市の、「むらい」って食堂です。
会津若松は、ご当地B級グルメに「ソースカツ丼」を掲げて、町おこしをしています。
この近辺に旅行に行くと、ついつい隣の喜多方市まで足を運んで、
喜多方ラーメンを食べたくなるんだけどね。

写真見てちょっとびっくりなのが、
このカツの大きさ。
隣の味噌汁のお椀と比べればその大きさはわかりますね。
御飯が全く見えません。
お店の人が、御飯までたどり着かないから、と
一緒に取り皿まで持ってきます(笑)。

けどすごいのはこの面積だけじゃありません。

IMG_0244.jpg

!!

何センチあるんだ?!
しかも、下にもカツが隠れているじゃないか?!

計6切れ、メガトン級のロースカツが載ってます。
これだけの厚みだと、揚げるのが難しいんじゃないかな、と思ったけど
トンカツはうすめの衣がさくさくっとしてて、中もしっかり油が通っていました。
これに秘伝のソースが浸み渡ってて、うまい!

けど、このボリュームには参りました。
半分食べたところで、自分は泣く泣くカツに負けてしまいました・・・
(なお、お持ち帰り用のパックもあるそうです。)

付け合せに豆腐とおしんこ、みそ汁までありました。
こういうときの豆腐が口に合いますね。
味噌汁も、味噌がかなり濃くて、麹がそのまま入っていておいしかったです。
東北の暖かさを感じる一品でした。

このボリュームで、ロースカツ丼1150円。
ちなみに一品料理のロースカツも1150円(笑)。
海老丼や・ひれカツ丼・海老ひれカツ丼もやっていました。
まあ、同じようなボリュームだと思ってください。

なお、営業時間が結構短いので、行くときは調べてから行きましょう!
スポンサーサイト

真壁の月餅と栗最中
月曜日にさっそく佐渡練をしてきました。
土浦学園線から小貝川、下妻、下館、岩瀬、筑波、藤沢、つくばセンターの周回コース。
小貝川サイクリングロードとつくばりんりんロードを組み合わせました。
・・・まあ、要は久しぶりに長く走ってみたってこと。久々に100km越えしました。

帰りに筑波から、不動峠を一本登ってみたけど、
(標高294mの峠で、下から4.0kmの距離があります)
疲れてるときの峠は全然力が出ません^^;
峠まであと少しの10%の看板のところで、もうふらふら。
「坂で足をついたら死ぬ!」と思い、頑張ったけど。
足をついてしまいました。惨敗です。出直してきます。。。

ところで、真壁の休憩所のところで、和菓子屋発見!
バスターミナルの向かいにある、みよしやというところです。
オススメなんですかと聞いて買ったのが、写真左の栗最中。

HI3A0121.jpg

その場で栗たっぷりの餡が入った最中を、作ってくれます。
これで100円ですよ!!
お近くにお立ち寄りの時はぜひ!

(SIT)決起集会
週末に、佐渡国際トライアスロン(SIT)の参加メンバーで
決起集会が、新橋某所で密かに(?)執り行われました。
今回のメンバーは自分を含め選手3人、
佐渡までの応援メンバー3人、その他二人で計8人。
一人を除いて、会うのも実は初めて。。。
行ってびっくりしたのが、行った先はみんなお偉い人ばかり。
予想した通りでしたが、ぺーぺーの自分にとっては非常に恐縮であります。。。

スイム担当の人は過去にトライアスロンを潮来、石垣の2回経験。頼もしい!
今年の夏も、霞ヶ浦遠泳に出るとか。
これでスイムは完璧ですね。

もう一人、ラン担当の人は1ヶ月に1回はマラソン大会に出てるとか。
すごすぎます。
果たして自分がバイクやっちゃっていいんでしょうか???
本番まであと1ヶ月半、そろそろトレーニングしないとなー。

ひょっとして放火?
火事を見ました。
友達とゲーセンからの帰りに、近くの駅までタクシーで来たら、
とある駅の近くにある駐輪場の脇で、高さ5~6mくらいの火の手があがってました。

その駅の近くは最近人がたむろしてることも時々あって、
しかも通った時間は人通りが全くない頃だったから、
何かトラブルが起きているなら危ないかな、と思って
大回りして家のほうに向かいました。

誰かが先に通報していたらしく、しばらくしたら消防車と救急車、パトカーが到着。
近くまで見に行ったら、バイクが燃えていたようでした。
ただ、バイクの持ち主はわからなかったようです。
一体何があったんでしょう・・・?

新しい街がどんどんできていく中で、
こういう出来事が起こると、ちょっと不安になりますね。

雷直撃
一週間前は大丈夫だった雷が、今回はヒットしてしまいました(-"-;)
これだから北関東は…
雷のバカヤロー!

(SIT)自転車も準備万端!
SIT(佐渡国際トライアスロン)事務局から"参加許可証"が送られてきました。
もう引き下がれません
考えるだけで、ドキドキもんです
そろそろ梅雨も明けるし、トレーニング始めようかなー
めざせアベレージ30

送られてきたのは参加許可証とバスの案内だけど・・・
あれっ、自転車ってどうやって運べばいいんだろ?


2007年前半の旅行まとめ
2008年前半の旅の記録もまとめてみました。
旅の記録、とはいえ、ほとんどが自転車旅行です。
北海道の後半と、奥多摩は、思い出しながら記事を作成しました。
後半もそのうちアップする予定。


▼会津~越後~富山~飛騨高山~白川郷~下呂~塩尻の旅行(07年1月)
長いんで、白川郷を中心にかいてます。
  ・雪の白川郷(1)(富山から岐阜県境まで)
  ・雪の白川郷(2)(電車の線路が台風で飛ばされてて、代行バスで移動しました)
  ・雪の白川郷(3)(高山から路線バスで向かってます)
  ・雪の白川郷(4)(白川郷に到着!)
  ・雪の白川郷(5)(下呂温泉)

小貝川サイクリング(08年4月)
菜の花さく小貝川をまわってみました。

▼北海道の自転車旅行
大洗からフェリーで苫小牧へ行き、札幌、石狩、富良野、美瑛、帯広、日高を回って帰ってきました。
自転車に乗ったのはこの中で、石狩と富良野・美瑛です。
  ・Tour de Frano(1)大洗から苫小牧(人生初の長距離フェリー♪)
  ・Tour de Frano(2)苫小牧(ホッキ丼うまいぞ!)
  ・Tour de Frano(3)支笏湖へ(アサヒのビアホールにも行きました)
  ・Tour de Frano(4)海が見たいっ!の前半(石狩川を北上)
  ・Tour de Frano(5)海が見たいっ!の後半(番外地で食べた石狩鍋。)
  ・Tour de Frano(6)ツール・ド・フラノ(へそ・おぶ・ざ・ほっかいどー!)
  ・Tour de Frano(7)サイドカット(アクシデント発生!自走不能!)
  ・Tour de Frano(8)お昼とデザート♪(もう、言葉に、できません)
  ・Tour de Frano(9)帯広付近(実はつい最近アップしました(汗))
  ・Tour de Frano(10)日高ドライブ(幸福を求めて・・・?)

翠の嵐~ミドリノアラシ(08年5月)
若葉生い茂る奥多摩と、山梨県丹波山村・小菅村に行ってきました。

雷ニアミス
今日は東京の夕立がすごかったらしいですね。
皆さんは大丈夫でしたか?

今日はつくば市内の谷田部にいたら、
一瞬
電気が消えました。
普通の家ならちょっと電気が消えたとかそのくらいですむけど、
ちょっと今は停電してほしくない状況で。
青い顔して家に向かったら、
数キロも離れていない家のほうは、夕立さえも降ってる跡はありませんでした。。
ほっとしましたよー

夕立といえば、まだ車を持っていなかった頃。
腰痛を患った時期があって、半休とって病院にいったんですよ。
自転車で駅まで出て、電車でちょっと行って、そっからバスで病院へ向かいました。
仕事が終わって、駅に向かおうとしたら、北の雲が怪しくなってきて。
これは一雨来るぞ、と身支度整えたのも時すでに遅く
「ガッシャーン

死ぬかと思いました。つくばエクスプレスもできて間もない頃、
駅の周りもただの野っぱらですから。
木も茂ってないところを走ってて、自分が周りで一番高いんだもの。
自転車持ちながらずぶぬれになって、痛い腰をかばいつつ
せめて体勢を低くして、なんて外から見ると間抜けな格好で走りました。
病院行って治療してもらうどころか、あまりの恐ろしさに腰を抜かしました(笑)

夕立が過ぎた後の道を車で走ったら、あっという間にアスファルトの間から
もくもくと水蒸気が上がってました。
打ち水効果で少しは涼しくなったと思いたいけど、今夜も寝苦しいのかなぁ?

名古屋観光
そういえば、先月の観光記事をまだアップしてませんでした。

友人の結婚式が名古屋でありまして。名古屋にいったんです。
そのときに、観光もしてきたのでそのときの話を。

まず披露宴のあとに、名古屋名物を食べに。

IMG_0045.jpg


名古屋といったら・・・矢場とんですよね。
タイムリーなニュースがあったばっかりですが。

<みそかつ>ソウルで名古屋の老舗を模倣 韓国側に申し立て(毎日新聞)
IMG_0052.jpg


ココのみそかつが、なかなかイケてます。
じゅーじゅー言いながら持ってきたのにはびっくり!!
披露宴でずいぶん食べたはずなのに、友達はごはん大盛で食べてました(笑)

次の日は、リニモ。

IMG_0058.jpg


レールがないぞ?どうやって走るんだ??
と不思議に思いながら、向かった先はトヨタ博物館。
トヨタの車だけでなく、世界中のいろいろな車が展示されていました。
さらにちょっと足を伸ばして、愛・地球博記念公園。

IMG_0147.jpg


モリゾー・キッコロは森に帰ったんじゃないの???

万博の跡地はスケートリンクやらプールやら、大きい広場やらができていました。
さびしくなっているかと思いきや、駐車場は結構一杯。
なかにまだ残っている、サツキとメイの家は、いまでも予約しないと入れないくらいの人気だとか。

次に、地下鉄で向かったのが、熱田神宮。
IMG_0152.jpg


名古屋の中でも、由緒ある神社です。
織田信長が桶狭間の戦いの前に、戦勝祈願でここに来たとか。
そして今日の名古屋名物のトリは、ひつまぶしです!!!

IMG_0158.jpg


あつた蓬莱軒というお店で食べました。
この1ヶ月でいろいろうなぎはありましたが、ここのは絶対大丈夫!
香りが今まで食べたうなぎと、全然違います。
1杯目はそのまま、2杯目は薬味で、3杯目はお茶をかけて・・・
それなりの値段はしましたが、食べる価値アリです。
みなさんはどんな食べ方が好みですか?

2008年前半のまとめ
もう2008年も半分過ぎたということで、今年上半期の旅行記事をまとめてみました。

ちょっとそこまでひとっ風呂(08年3月:群馬)
草津、榛名山にふらっとドライブに行った記録です。

花見しながらボランティア(08年4月:横浜)
ゴミ拾いしてきました。

はるなちゃんに会いに♪(08年4月:群馬)
榛名山を自転車で上ってきました。

▼四国漫遊記シリーズ(08年4-5月:香川・高知・愛媛)
  ・ちょっと・・・駅員さん!(寝台車のきっぷを取ったときに、ちょっとひともめ-o-;)
  ・四国漫遊記(1)UDONステージ(自転車でうどん屋巡り)
  ・四国漫遊記(2)こんぴらさん詣で(善通寺とこんぴらさん)
  ・四国漫遊記(3)小豆島ステージ(小豆島の海岸線ツーリング)
  ・四国漫遊記(4)小豆島ステージの続き(標高差800m、寒懸渓を上りました)
  ・四国漫遊記(5)40010(四万十川の清流と沈下橋めぐり)
  ・四国漫遊記(6)四国カルスト山登り(今度は標高差1000m。平地がない!)
  ・四国漫遊記(7)四国カルストポタリング(高原のポタリングは最高!)
  ・四国漫遊記(8)しまなみツーリング(海の上のサイクリング)
  ・四国漫遊記(9)しまなみソフト巡り(やっぱアイスうめぇー)
  ・四国漫遊記(10)しまなみラストラン(結構山ばっかり・・・)
  ・四国漫遊記(11)寝台列車に揺られて帰宅(富士はやぶさで帰ってきました)

▼ふくしま(08年5-6月:福島と宮城・山形をちょこっと)
  ・磐梯吾妻スカイラインへ!(標高差1500mのサイクリング)
  ・磐梯吾妻スカイラインへ!その2(スカイラインは、自転車通行料が150円でした)
  ・ふくしま 番外編(福島に行ったついでに、山形と宮城にも行ってきました)
  ・またまた東北へ(磐梯吾妻の2週間後に、また福島、いわきに行きました)

(SIT)扱いはプロ級?
佐渡の大会だけど、いろいろわかってきました。

・DHバーOK
トライアスロンの場合に使う、DHバー。下の写真についてる、握るところですね。

IMG_0597.jpg


ここを握ることで、姿勢が前傾になるから、空気抵抗が少なくなります。普通のロードの大会じゃ禁止ってことが多いけど、佐渡ではOKらしいです。
ついに使う時が来たゾ!

・ディスクホイールは禁止
競輪で見るようなディスクホイールは禁止。
自転車の場合、スポークの一本一本が空気抵抗になります。
それをなくしたのが、イタリア人発明のディスクホイール。
スポークがなければ空気抵抗がないでしょ?という何とも画期的な発明です。
横風の影響?もちろんウケまくりですよ(笑)。
というわけで、日本海に浮かぶここ佐渡ではディスクホイールは禁止のようです。

・ボトルは捨てろ!
マラソンで見る、水を取って、飲んで、頭からかぶって、捨てるやつ。
何と自転車のレースでもあるらしい!初めて知りました。
自転車に乗りながら、ドリンクを取って飲んで、所定の場所へ捨てて。
ボトルが道に転がると、転倒事故のもとになるので、
もちろん所定のボックスへ走りながら投げ入れます。

・サポーターが何人も!
一番の衝撃身内ネタですが、3人チームに対してサポーターが何人かつくらしい。
トレーニングに付き合うとか、そういうわけじゃなさそうで、
話を聞く限りでは、わざわざ佐渡までついて来るらしい(笑)
ってことはヘタな走りはできませんね練習せねば!

さて、今日メンバーの一人(スイム担当のひと)と会ってきました。
一度お会いしたことがあるくらいで、ちゃんと話すのは今日が初めて。
その人、過去にもトライアスロン経験者だとか。ひぇぇぇぇー
頼りにしてます!!

さて、そろそろ正式に参加承諾が来るはずだぞー。
多分大丈夫だと思うけど。でも何しろ国際大会だからねー。
ちゃんとOKもらえるかなー?わくわく、ドキドキ