FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



鈴虫寺
京都ではほかに、鈴虫寺にも行きました。
1723年に華厳宗の再興のために建てられたお寺だそうで、
正式には華厳寺という、臨済宗の禅寺です。
今回の旅行は、お願い参りばっかり。

IMG_1395.jpg

京都駅からバスに揺られること、約1時間。
途中嵐山の渡月橋なども通って、終点まで。
京都のほかのお寺からは離れているところにあって、
観光コースを作るには難しい場所にあります。

IMG_1385.jpg

鈴虫寺に到着です。

IMG_1390.jpg

80段の石段を登ると、こんな景色。
京都の西の山端にあって、市内を一望できる、落ち着いたよい場所です。

IMG_1388.jpg

ここへは朝から行ったんだけど、お寺の入口のところまで行列ができていました。
というのも、ここ鈴虫寺では説法を大事にしていて、
お寺に入ると広間に通されてお茶菓子を頂きながら、
住職の方からお話を頂くことができます。
そのため、説法が始まるまでは行列を作って待ちます。

中に入るとすぐにある広間には、巣箱に入った何万匹もの鈴虫がいて、
リーンリーンと鳴いています。
本来鈴虫は夏前にふ化して、秋にしか鳴かないものですが、
ここの住職の方が鈴虫の音色を参拝客にも伝えたいと研究を重ねて、
ここのお寺の鈴虫は一年中鳴くようになったとのことです(すごい!)。

お話は堅苦しくなく、ざっくばらんな感じでした。
時々(かなり?)笑いも誘ったりして、聞いてて楽しい。
それでも、苦しみや悩みの多いこの社会の中を、
どのような心の持ちようで生きていけばいいか、
そんなことを説法していただけます。

お寺は観光で回ったりするけど、
有名な建物を見たり、本殿でお賽銭を投げて願い事をするだけの
形式にとらわれてしまっている気がする。

どの宗教やどの宗派でもいえるかもしれないけれど、
本来宗教が生まれたのは、人々を苦しみや悲しみから救うためだったんじゃないかな。
そういう理由で、このお寺のような形式、なんだか気に入りました。

こちらは幸福地蔵菩薩。
このお地蔵さまは草鞋を履いていて、
お願いをすることで、家まで願いをかなえに来てくれるのだとか。
恋愛成就か?女性のグループが心なしか多かった気がします。

IMG_1392.jpg

鈴虫寺のお守りは一つだけお願いをかなえてくれるそう。
もちろん、自分も持つことにしました。
さて、願いはかなうかな?
スポンサーサイト

凍結注意!
今朝、久しぶりにうっすらと雪が積もってた。
結構道が凍結しているもんだから、どんなものかと、
仕事の合間に少し車で走ってみました。

今日は午前中はほとんど0℃以下だったらしくて、
午後になってから雪を触ってみても、サラサラな感じ。
今まで見てた雪がべたべたなのが多かったから、なんだか新鮮な感じでした。
そんな感じなので、ちょっとした日陰や田んぼ道は
完全に凍結しているみたい。少なくとも車が走らなそうな道は自粛。
日陰でも、確かに走り方によっては、ハンドルが効かなくなるところもある。
なんとなく感覚が味わえただけでも、十分に貴重な経験でした。
しばらくは、スリップには十分気を付けよう。特に夜。

・・・まぁ、基本的には雪の日に車を走らせる気はないのだけども。。。

そういえば、外車の場合は合うタイヤチェーンを見つけるのが難しい。
備えあれば憂いなし、スタッドレスを持つ気のない身としては、
チェーンくらいはさがして、常備しておいたほうがいいのかなぁ??

学問の神様に会いに その2
ふと思った。
東京だけじゃ物足りない、やっぱり本場まで行かないと。

菅原道真公は京都でその能力を発揮した人物。
ならば本場、京都まで行っちゃえ!
・・・ってことで、ホントに行ってきました。

IMG_1401.jpg

京都市上京区。
京都駅からはちょっと離れたところに天満宮はあります。
創建は947年と、湯島天神よりは新しいですが、
菅原道真公の没後に朝廷によって建てられた由緒ある建物です。
北野天満宮という名前も、一条天皇により名づけられたとのこと。

途中の門には兎の絵。
今年は飛躍の年にできるだろうか。いや、しなきゃなぁ。

IMG_1404_20110112235544.jpg

本殿で、いつも通りご縁があるようにとお参り。

IMG_1407.jpg

さすがに三が日を過ぎているだけあって、並ぶほどの人はいませんでした。
それでも、センター試験前ということはあって、人はたくさん。
特に絵馬を書くテントはたくさんの人でにぎわっていました。

え、ここまで来たら大宰府も行かなきゃ、って?
さすがに今回はそこまで行っていません(笑)
それでも、卒業間近でテンパってたら、さすがに行ってみようかな。
いやいや、本当は神にすがるだけじゃなくて、自分で何とか努力しないといけないんだけど・・・

学問の神様に会いに
学問の神様に会いに行ってきました。
場所は東京、湯島天神。菅原道真公が祀られています。
湯島天神は458年に創建されたと伝えられる古い寺で、
その後南北朝時代に菅原道真公があわせて奉祀されたそうです。
場所は本郷三丁目と湯島の間。東大がすぐ近くで、
学問の神様のいらっしゃる所としてはよい場所ですね。

途中大手町で東京メトロに乗り換え。
この日は箱根駅伝の復路で、すごい人ごみ。
せっかくここまで来てるのに人ごみで選手が見えなくて、
ケータイのワンセグで見てる人がほとんどでした(笑)。

IMG_1351.jpg

千代田線の湯島駅で降りて、歩いてすぐ。
三が日なのでちょっと人出は多かったものの、
明治神宮や川崎大師の人ごみに比べたらへっちゃらです。

IMG_1356.jpg

お参りを済ませて今年こそは、と学業成就を祈願。

IMG_1360.jpg

センター直前ということもあり、絵馬がぎっしり。

IMG_1363.jpg

おみくじを引いてみたら、小吉。
学業はあわてずに・・・、とな。
何かものすごく当たってる気がする・・・。
早く結果を出したいから、なんだか逆に焦るなぁ。

IMG_1364.jpg

1月の初めだというのに、もう梅が咲いていました。
中国の故事では、梅が咲くときは学問が成る時期。
ここらでいっちょ、早いうちに何かいい結果が出るといいな。

大学よりHAPPY NEW YEAR
年明けはじめはお寺に初詣に行き、
その足で研究室にも初詣(笑)。
お昼からこつこつとデスクワークをしておりました。
本当は家でもできることなんだけど、なんだかON/OFFが入らなくて。
三が日のほかの日も気が向けば来ることにしよう。

というわけで、一年の計を書いてみる(自戒の意味をこめて)。

まずは大学でやることの道筋を立てる。
目標を語るのは簡単だけど、それにたどり着くまでの方針を作ることは難しい。
しっかりとした道筋を作って、地固めをした上で、前に進もう。

体力勝負!とか気力で!とか思ったりするけど、
さすがに長期間持たせることはできない。
自分の力量を見ながらうまくコントロールできるといいな。


最近の記事が旅テーマから外れているきがするけど・・・ま、いいか。
今年もぼちぼちとてきとーにやっていきたいと思います。よろしく。

年が明けて、早くも夕暮れの時間になってしまいました。
今年も残すところあと364日とちょっと。
有意義な時間をすごすようにしよう。