FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年を振り返って(その2)
4月の奥多摩。

IMG_2132.jpg

震災の傷が残る中、車を走らせ奥多摩へ。
偶然に見つけた名所の滝。
ガイドブックを持たずサイコロだけで行き先を決めて
見つけた観光地は、想像以上の感動だった。

もうひとつ4月。尾道。

IMG_2014.jpg

IMG_2036.jpg

西日本はびっくりするぐらい落ち着いていた。
茨城じゃ当たり前のようにあった余震も感じないし、道や家も傷んでいないし。
その中でいった尾道の坂。ちょうどてっぱんのドラマが終わったころで、
観光客もたくさんだった。

白石島。

IMG_2172_20111231202126.jpg

IMG_2187.jpg

瀬戸内海に浮かぶ小島で、なんもない島。
何もないからこそ、心がリセットできた。

6月の足尾。

IMG_2492.jpg

IMG_2496.jpg

何かに呼び寄せられてる気がして家をとび出して、車を走らせ着いた先は足尾。
田中正三の存在で有名となった、銅山がある場所。
鉱山の工場跡があり、その川は今でも真っ青になっていて、
一見きれいに整備されているものの静かな廃墟が逆に怖い。

日本のあの場所のこれからを暗示しているような、不気味な光景だった。


7月の阿蘇。

IMG_2603.jpg

IMG_2682_20111231202423.jpg

IMG_2726.jpg

IMG_2788.jpg


大観峰に草千里のジャージーソフト、警戒レベルがさがったばかりの阿蘇山火口。
やっぱ夏の季節はいい。前に来たときは12月で、がたがた震えながらアイスをくってたからなぁ。

7月。旅行ネタじゃないけど地デジ終了の瞬間。

IMG_2916.jpg

パソコンのキャプチャに見切りをつけて、BDレコーダを買ったのはこのころ。

8月の長野。
IMG_3038.jpg

IMG_3096.jpg

アイスチャージ。熊笹ソフトにすずらんソフト。

IMG_3089.jpg

馬肉、鹿肉、それに熊肉といった貴重な経験も。

P8182969.jpg

おまけで一日は山中を自転車でぶらり。
かなりのブランクだったけど、なんとか遭難せずに走りきった。

2011年はこんなところか。
来年は無理せず、要領よく、無事に過ごせる年だといいな。


スポンサーサイト

2011年を振り返って(その1)
・・・残念ながら、正直振り返りたくもない一年だった。

けどあまり旅行記事をまとめていなかったから、せめてこの場でご紹介。

1月の京都。

IMG_1387.jpg

IMG_1401_20111230132650.jpg

神社仏閣をめぐっていろいろ願いごと。鈴虫寺に、北野天満宮。
大願まだ成就せず・・・いや、鈴虫寺のほうは効いているか?


2月の筑波山。

IMG_1622.jpg

IMG_1639_20111230132647.jpg

雪が見たくて筑波山へ。
思いのほか積もってた。
人がいなかった。
そして、・・・風邪ひいた。

3月。東京港フェリーターミナル。

IMG_1702_20111230132647.jpg

友人が船便でくる車を取りに行くとのことで、
東京港フェリーターミナルまで車で行った。
これ、実は震災の5日前。
クルマは、普通に桟橋に放置された状態だった。
もし船があと1週間遅かったら、友達のクルマは今頃どうなってただろうとぞっとする。

3月。震災。

IMG_1784.jpg

部屋にあった棚のものはすべてひっくり返った。
戻してもすぐに余震が来て同じことの繰り返しだから、
CDとか本とか枕元に置いて、パソコンも床に直置きで
ひたすらテレビをねっ転がりながら見てた。
ぽぽぽぽーんが頭から離れなかった。

HI3A0357.jpg

コンビニの棚からは食料や水があっという間に消えた。

IMG_1800.jpg

ガソリンスタンドがあるところはいたるところで渋滞した。

HI3A0360.jpg

・・・サバイバルバイブルを熟読していざという時に備えた。
ギャグでもらった本だったのに、実は意外と面白くてためになったかも。
実践するほどの状況にはならなかったが。

IMG_1931.jpg

それでも毎日の余震が怖くて、原発の行方が怖くて、実家に逃げた。
途中向かう電車は、計画停電でかなり間引きされていた。

・・・もしあの時がもう一度来たら。
はたして冷静に行動できるだろうか?

けどあれからは非常食や水も買い揃えたし、家具が倒れにくいようにしたし、
自分なりに対策は強化したつもり。
けど、来るならいつでも来い!と身構えるよりも、時には逃げるが勝ちって、
適当に放っぽらかして退散するのも大事なんだな、とおもった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。