FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



日本一のモグラ駅
新潟の星空のあとに、ふらっと寄って見たところ。

IMG0808_0436.jpg

こーんなのどかな場所に。
緑生い茂る、いい景色のなかに赤ーいとんがり屋根がたってます。
近づいてみると・・・

IMG0808_0379.jpg

こんなとこ。古いけど、なかなか趣のある建物です。
「JR上越線」の、土合駅です。

上越線は、群馬・高崎から新潟までを結ぶ路線です。
川端康成の、
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
で知られる、雪国って小説がありますよね。
この長いトンネルがあるところが、土合です。

昔に使っていたであろうきっぷ売り場や改札はあれど、
駅は無人で駅員はいません。
改札口のベンチには、谷川岳からの登山客たちが、
大きいリュックを背負って、談笑しています。

その脇を通り、銀色のなつかしい改札を抜けると、早速こーんな張り紙が。

IMG0808_0381.jpg

ふつーの駅を考えたら、不思議な張り紙ですよね。
だいたい上り下りのホームって、向かい合わせにあったり、
同じ島のホームだったりしますよね。
それをわざわざ、マークまで入れちゃって。

さらに進むと。

IMG0808_0383.jpg

コンクリートブロックでできた、左右対称の構造物が
奥まで続きます。
この先には。

IMG0808_0385.jpg

こんな広い空間があります。
国道291号の上に建てられた陸橋で、
窓の外には谷川岳などからの清流、湯檜曽川も流れています。
窓が曇っていて、外の景色がぼやけているのがちょっと残念。
駅にしちゃあ、ホームまで遠いなぁ・・・と考えながらさらに進むと。

IMG0808_0392.jpg

?!
おおよそ5段ずつの階段が、奥まで奥まで続いてます!
しかも、階段の幅が広いくせに、エスカレータもエレベータもないぞ!
バリアフリーならぬ、バリアアリー駅(笑)
工事用のリフトはあるけど、人は乗れないだろうし。
トンネルも暗く、先も見えない。一体どこまで続くのか・・・?

IMG0808_0399.jpg

ここは日本一のモグラ駅。
説明は看板どおりで、ホームから改札まで約10分かかります。
ホームから上がるだけでも軽い登山、かなり大変です。
とはいえ、この駅は登山客くらいしか乗り降りしないけど・・・

ホームに着きました。
山の下にあるトンネル駅だから、なかはすごくひんやり。
外は30℃以上あったのに、ホームは15℃くらいで、夏の格好じゃ寒いくらいです。
運がいいことに、2時間か3時間に1本しかこない電車があと10分で来るというので、
ちょっと待ってみました。

その間にホームをぶらり。
國鉄の時代に使われたであろう、運転事務室に、
古めかしい連絡用の電話などがあります。

貨物や、夜行列車がよく走った頃に使われた待避線がありますが、
上越新幹線が通ったり、物流の中心がトラックになったりして、
本数がめっきり少なくなった今ではその役割もなくなっています。
自分が行った時には、旧ホームを広げて、
冬場に凍って故障することがある、ポイントをなくす工事を行っていました。


IMG0808_0422.jpg

トンネルに残っていた霧が、ホームにどっと流れて、急に視界が悪くなると、
やがて電車が到着。
5,6人の客が降りて、発車のベルはなく、駅員の笛の合図と共に
電車は行ってしまいました。

改めて自分が通ってきた階段を下から見ると。長っ!
これで壁の蛍光灯が青白かったら、まるで宇宙映画に出てきそうな光景です(笑)。

IMG0808_0428.jpg

ひーこらひーこら、上った先には、こんな看板が出迎えてくれます。

IMG0808_0431.jpg

観光目的で来ても、なかなか面白い場所だと思います。
ぜひ一度行ってみてはいかが?
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

深い…!面白い駅があるものですね。
行ってみた気分になりました。
すんごく幻想的です。

【2008/09/02 21:57】 URL | くまのみ #- [ 編集]


よくこんなところにトンネルを掘ったものだと思います。
広い駅舎を見ると、さぞかし昔は人々でにぎわったんでしょうね!

【2008/09/03 01:33】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック