FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



卒業旅行toヨーロッパ(2.フランクフルトの途中下車)
初めの行き先はドイツ・フランクフルト。
このツアーではルフトハンザ・ドイツ航空を使っているので、ドイツ経由でローマへと行くことになります。

夕飯?の機内食でカツどんを食べて、数時間でフランクフルト到着。
食べたのが日本時間の夜8時くらいだから夕飯といえるけど、フランクフルトとの時差が8時間だから、向こう時間では昼飯といったところ(笑)。

フランクフルトはドイツ最大の空港。
設備は若干ぼろ目だけど、とにかく広い。

さて、ここで乗り換え待ち。
待ち、といっても7時間半待ち・・・(-o-;)。

ってことで町に出てみた。
フランクフルトの地下には電車が走っていて、そっから中心街へと出ることができる。
電車でいける、ことはいけるが・・・

切符の買い方がわからない。
何十分か格闘の後、無事切符購入??とりあえずそれらしい券が出てきたので、よしとしようか。
なのに改札を通ろうと・・・あれ、改札ないじゃん!!

20051108004044.jpg

フランクフルト空港から電車で三つはなれた、FrankfurtHauptbanhofこと、フランクフルト中央駅です。とにかく名前が長いのが、ドイツ語の嫌なとこなんですけどね・・・。1年の時のドイツ語担当、川上先生元気かなぁ・・・??

市内散策。
ゲーテの像(写真)とか、ゲーテ博物館とかあるみたいでした。ゲーテはこの町出身だったんでしょうか?
ただ、博物館は閉館時間で前を通っただけ。

20051108004140.jpg

ここにきたからにはちゃんと食べましたよ、フランクフルトソーセージ!
2.1ユーロ(300円くらい?)で、大きなフランクフルトをパンにはさんだものを食べました。
ドイツ語が全然わかんなくて、ケチャップ代本当はあったっぽいけど、踏み倒しちゃいました(^_^;)。
おばちゃん、ごめんなさい!

それにしても、ドイツについてから気になったもの・・・犬の糞。
道端に、ありえないほど落ちてる。
下を見ながら歩かないと踏む。
むしろ下を見ながら歩いてると多すぎてまともに歩けない。
この辺、ドイツ人は全く気にしないらしい。何かの本で読んだことがある。
この辺は文化の違いなんでしょうかね・・・。

帰りは、行きよりは楽に、切符を買えた。
ただしフランクフルトのホームレスがよだれたらしながら話しかけたことについては、あえて詳細は書かないでおこう・・・。

空港に念には念を入れて3時間前に戻りました。
日本を朝出てから、ぜんぜん日が暮れない。
ともかく、一日の長さにぐったり。
しかも、まだ移動途中って・・・。

22:00にフランクフルト発で、23:30ローマ着。
成田で担当の旅行案内の方に、「ローマでは担当者が案内してくれます」って言ってたけど、どこかなぁ・・・?
もうこんな時間だから、迎えの人もほとんどいないだろうが。

ん?あれか?
何か紙を持ってる・・・。

けど、・・・日本人じゃないぞ?!
現地イタリア人スタッフが迎えてくれた。
しゃべれる日本語はコンニチハ~、ヨコ~ソ、スシ~etc。
なんかてきとーというか、明るいというか、そんな感じのイタリア人。
ちゃんと人数確認したのかしてないのかわからないけど、とりあえずバスに連れて行かれた。これじゃ、誰かいなくなってもわかんないぞ??

そして、ホテルには1時前に着いた。

人が一人やっと立てるような狭いシャワールームで一日の疲れを流し、荷物を広げるのもいい加減にやって、そそくさと就寝。いくら格安旅行とはいえ、いきなりこのハードスケジュールかよ・・・。
次の日のローマ・バチカン観光を楽しみにしつつ、夢の中へ・・・
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック