FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



(SIT)ASTROMAN!大会編その2
佐渡の記事の続きです。

スキャン003


スタートから20km離れた、両津港の近く、住吉エイドステーションに到着♪
エイドステーションは、飲み物や食べ物がいろいろと置いてあります。
まだ初めなので、みんなは飲み物だけとります。

これが面白いんですよ。

マラソンの給水所ってありますよね。
走りながらテーブルの水とって、走りながら飲んで、ポイッてやつ。
それの自転車版です。

エイドステーションの近くに差し掛かると、
「飲み物何がいいですかー?」って拡声器で聞かれます。
「コーラ!」っていうと、数10m間隔で拡声器を持った人が立ってて、
「コーラ!」  「コーラ!」  「コーラ」・・・ って伝言で伝えてくれます。
給水所に着いたら、スタッフが手を伸ばしてボトルを差し出して、
それを自転車で走りながらガシッ!と掴み取ります。

それで自分の番。「アクエリアス!」

「アクエリアス!」  「アクエリアス!」 「アクエリアス!」

がしっ!

・・・あれっ、飲んでみたら水だった。。。
ボトル間違えて取ったらしいですorz
ともあれ、自分のボトルホルダーにやっと飲み物が入って、一安心です。

ちなみに、自転車競技の場合は、道端にボトルが転がっていたら危ないから、
ボトルが空になったら、次のエイドステーションで、
走りながら専用のボトルキャッチャーに投げ入れます。
もし正確に入れないと、ペナルティの対象となるので注意!

08-09IMG_0588.jpg

スタートから33km、水津のウォーターステーションも無事通過。
今度はちゃんとアクエリアスゲット♪

そして事件がおきたのは、45km地点豊岡エイドステーション。
「バナナいりませんかー!」の声がしました。
あまり腹は減ってないけど、自分にとっちゃオーバーペースだし、
この辺でエネルギー補給しておくかな。
いただきまーす、とばかりにバナナに手を伸ばしました。

あ、取れない。。。

前の方にも、バナナ持ってる人がいたので、もう少しスピードを落として。

ぴきっ

・・・右のふくらはぎがつりました(-o-;;)
バナナをゲットしながらも、痛みにひたすら悶絶 ヘ(>_<#)ノ
自転車のペダルに、足を固定しているので、
止まってたってストレッチするわけにもいかないのです。
ペダルのビンディングを外そうとするもんなら、
たぶん足の痛みにバランスを崩してこけそうだし。
足元に転がっているバナナの皮にこけないように、
ふらふらっとペダルを回し続けるしかありませんでした。
まあ、今まで1時間半以上も休まないで乗ったことはないし、
さすがに無理があったのかなぁー

乗りながら、立ちこぎして足を伸ばしたり、体ひねったりと
自転車乗りらしからぬポーズをとりつづけ、
なんとか回復させようとします。
けど、ストレッチして多少回復しても、あまりペダルの回転数が上がらない。
またすぐに足がつりそうで上げるのが怖い。

そんな中、空からぽつぽつと冷たいものが。雨でした。
降らないって言ってたのに!!!

54km地点、多田ウォーター・ステーションではまだ足に余裕がなかったので、
飲み物はパス。
多田の坂を上がったところに、・・・あれっ?救急車?
ちょうど動き出したところでした。
ぴーぽーぴーぽー。
反対車線を両津方向に走っていきます。
さっき救急車が止まってたところに近づくと、
「すべるのでスピード落としてくださーい!」とスタッフの声。
その場所に行くと、道路が工事中で、所々が鉄の路面が出てる。
ひょっとして・・・?

雨はどんどん強くなっていきます。
10mmくらいの普通の雨だけど、25km/hくらいは出してる自分の顔に
当たる雨粒は痛い。
そのうち、空からゴロゴロという音まで
体もぼろぼろで、気分的にもかなり凹み気味。。。

08-09IMG_0703.jpg

そんな気持ちを再び元気付けてくれたのは、地元の人の応援でした。
「がーんばれ、がーんばれ」って。
一斗缶をパンパン叩いて応援してくれたおばあちゃん。
雨の中でも沿道から声をかけてくれた子どもたち。
軒先からの応援。

これまで何百人の人がこの場所を通ってるのに、何十分、何時間もの間ずっと、
ひとりひとりに声をかけてくれているのかな。
これまで大会が始まって20年間、こうやって選手たちを励ましてたのかな。
そう思うと、ちょっとうれしくなるというか、泣けてくるというか、
何ともいえない気持ちになりました(*^ ^*)
苦しい時こそ、そんな応援うれしいですね。

佐渡の人って、あたたかい。

足が治ってきた小木からは、平均勾配6.0%?くらいの坂を、120mまで一気に上ります。
途中のエイドステーションからほとんど同じ時間くらいで走ってた人がいたんだけど、
その人はペースが上がったり下がったりだったから、
自分のペースまで崩されてちょっといらっときてました。
その人を見つけて、この坂で一気に抜かして。
標高差120mとはいえ、榛名山や四国カルストに比べたら、
このくらいの坂なんて屁のツッパリ程度♪
この坂でずいぶん人を抜かしました。坂練やっといてよかった!

一度下って、また80m程度まで上って、また下ります。
下りでは最高58km/hを記録。うー、60km/hまではいかなかったぁー

坂を下ってからは、下りで足を動かさなかったからか、足はまたまた絶好調!
これまでの遅れの分を取り返します。
平均時速30kmオーバーはいったかな?対岸にゴールも見え始めたから、
どんどんペースが上がります。

08-09IMG_0609.jpg

自分がゴール地点に近づくと、あれ??
・・・もうランの人が走ってるぞ?!
しかも、これから走りに行く人だけじゃなくて、
もうゴールする人まで!
日本選手権のゼッケンの人も見たけど、
普通の人もそこそこいます。

なんなんだ、この人たちの体力は。。。すごすぎ。

そして、無事にゴール!
タイムは4時間1分くらいでした。
トランジションの時間もあったから、実走時間は4時間ってトコかな?
初大会にしてはまあまあ。下見バスと大体同じペースだったし、上出来!

チームもとしても、一緒に参加した二人の活躍で、完走しました。
順位も半分よりも上だったし、大満足です☆
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

すごい!!!
4時間平均30キロって!速すぎです。
飲み物のリクエストの伝言システム面白いですね。へぇぇ。

読みに来るの遅くなりましてすみません。

【2008/09/28 22:55】 URL | くまのみ #- [ 編集]


途中のペースダウンで、惜しいことしました。。。
それさえなければ、もっとタイムよかったはずだけど。後半も体力は残ってたし。
まだまだ修行が足りぬ、ってことでしょうか?

【2008/09/29 01:29】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック