FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―5(見晴-ヨッピ橋)
IMG_3952.jpg

朝ごはんを食べて、身支度して、出発。
行き先の鳩待峠は相部屋の人と同じだけれど、出発する方向は違いました。
自分は北へ、その人は西へ。お気をつけてと、別れます。
一期一会と言う言葉がなんだか沁みました。

この日は見晴から、東電小屋、ヨッピ橋、竜宮、牛首、山の鼻、見本園周回、
そして鳩待峠のコースです。
ちょっと遠回りのコースだけど、できるだけこの大自然を感じていたいから。

見晴からちょっと北に進んだ湿地帯。
なぜか、油分のようなものが浮いてる。なんだろう。
とても自然から出るものじゃなさそうだけど。
・・・そう思うと、なんか残念な気持ちになります。

相変わらず雨は降ったりやんだり。
ほんと、山の天気って、変わりやすい。

IMG_3959.jpg

IMG_3961.jpg

東電尾瀬橋。只見川を渡って、ここから一瞬、新潟県へも入ります。
奥会津で見たときの只見川は、川幅が広くて、鏡のような
ゆるやかな流れの川だったけど、
これだけ山の中だと、勢いのある清流です。

このあたりの木道は、とてもきれいで整備されています。
よく見ると、TEPCOの烙印。そう、東電が管理している木道です。
CMみたいになるけど、東京電力は、尾瀬の木道の約40%を保有しています。
そんな昔も、電力の需要が高まってきた100年以上も前、この尾瀬ヶ原をダムにして、
水力発電所を作る計画があったそうです。
当時は東京電力でなく、名前もあまり出てこないような電力会社のようです。
長蔵小屋の人でもある、平野長蔵氏、その息子長英氏が反対運動に奔走し、
そういった計画を止めることに成功しました。

かといって、ダムを作ろうとした電力会社が悪者なのか?というと、
必ずしもそうではないと思います。
電力会社は、あくまで客が使うだけの電力を作るだけ。
電気はためることはできません。
無駄使いをしている人がたくさんいるから、その需要にこたえるべく、
電力各社はダムやら、原子力やらを作っていかなきゃ
いけないのかな、と思います。
電気が足りず、停電なんてことになったら、
それこそ一般人から文句が出るしね。

・・・でんこちゃんに怒られる前に、自分たちの生活を
もう一度見直す必要があるのかなぁ。

IMG_3967.jpg

東電小屋に着きました。実は東京電力の略称ではなく、
東京電力の前身であった、「東京電燈」という会社が名前の由来だそうです。
知らなかった。
東電小屋の裏には、発電用のソーラーパネルが並んでいます。エコ。
ここは高台にあって、眺めもこんな感じでいいです!

IMG_3968.jpg

さらに先を進みます。
木道の真ん中に、金属のつりがねと、カナヅチがおいてありました。
クマよけで、通る人は鳴らしてくださいって。面白い。
ってか、これ高圧ガスボンベのキャップだし・・・あーあ、仕事思い出しちゃった。

IMG_3970.jpg

IMG_3975.jpg

ヨッピ橋近くのベンチで休憩しました。
案の定、宿の部屋が一緒の人と会いました^^

他にも、いろいろな人が。
残念だったのが、お隣の国から来た集団。
5,6人のグループで、10人は座れるベンチを占有してねっころがったり、
タバコ吸いだして、そのまま灰を落としていたり。
マナー悪いのは別に外国の人だけじゃないけど。
日本人だって、外国行って世界遺産に落書きしたりしてるけど。

今自分たちがいる場所が、ただの観光地じゃなくて、
後世に残すべき貴重な場所だということを認識してほしいな。

もし世界遺産になったら、ますます人が来る。

そうすると尾瀬が壊れる。

話せばわかるというけれど、話が通じないんじゃしょうがない。
この貴重な場所を守っていくためにも、
郷に入らば郷に従えの考えくらいは持ってもらいたいものです。
外国人も。日本人も。すべての人が。

IMG_3951.jpg



(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―1(大清水-尾瀬沼)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―2(尾瀬沼)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―3(尾瀬沼―見晴)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―4(尾瀬ヶ原の朝霧)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―5(見晴-ヨッピ橋)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―6(ヨッピ橋-山の鼻)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―7(山の鼻-見本園-鳩待峠)
(OZE)曇ときどき晴、ときどき雨―番外編
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

お隣の国Kの国でしたら
マナーの悪さに納得です。
あれほど世界中の人たちから嫌われている民族はいません。

【2009/06/25 15:09】 URL | しみやん #- [ 編集]


いやー、この前Kの人と接する機会があったけど、みんないい人たちばっかりだったよ。
マナーの悪いのはごく一部の人だと思うよ。

問題なのは、その場所の価値を知らずに、自分たちが普段やってることをその場所でもやってしまうことじゃないかな。

これは日本人でも恥ずべき所はたくさんありますよ。

いざ注意しようとしても言葉が通じないから、ついついそのままにしてしまうんですよね…

【2009/06/25 18:47】 URL | まっつー #- [ 編集]


高圧ガスのボンベの鐘とか笑っちゃう!
けど記事は真面目に考えるべきテーマですね。
ひとりひとりの力こそが、環境を良くも悪くも変えるということを認めていかなくては。。
鏡でも置いて、衿を正させるのはどうでしょう。
って、中学生か!笑

【2009/06/26 12:47】 URL | くまのみ #- [ 編集]


もう尾瀬の環境保護のための戦いは、100年も続いてます。
最近は国際化が進んでいる中、今から100年後の尾瀬は一体どうなっているんでしょうね。
ほんと、鏡でも置いときたいもんです(笑)

【2009/06/28 21:59】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック