FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



横浜からつくばまでままちゃり(1)横浜―日本橋
長く住みなれた横浜を、就職を境に離れました。
それでも1ヶ月大学に放置していた、自転車のお引越のお話です。
どうやって?そりゃ、走るのさ!

前日は壊れたメーターの交換をしました。
けど、自転車がおいてある大学の研究室行った瞬間に先生につかまって・・・
卒業して1ヶ月もたつんじゃ、話も弾みますよ。そりゃ。

そんなごたごたがあったおかげで次の日は見事に寝坊しました。
朝6時出発の予定が、横浜を出たのが8時45分。
空は重い雲がずっしりと覆っていて、時々小雨も降る、いまいちな天気です。
まあそのうちよくなるだろ、と願いながら国道1号を走ります。
国道15号へ入ってから朝飯を食べて、鶴見→川崎と進みます。
ここから先は日本橋まで、箱根駅伝の走るコースと一緒。

1.PICT0055

10時ごろ、多摩川を渡って神奈川から東京へ。
いつもの見慣れた河川敷。この自転車で、ずいぶんこの辺をまわったなぁ。
別にもう戻ってこない、というわけじゃないけど、なんか感慨深いものもあります。

2.PICT0058

蒲田の京急空港線の踏切では、上りも下りも電車が来てて、かなり待たされました。

3.PICT0060

品川を越え、新橋を越え、銀座の柳をかすめて日本橋へ。

4.PICT0062

日本橋は日本のすべての道の基点。
この日本橋のある中央通りは、日本の道100選にも選ばれています。
ここでちょっと日本橋の説明を。
横にあった中央区教育委員会の看板からの転載です。

**
日本橋が架けられたのは1603年。
徳川家康が幕府を開いた年ですね。
東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋としていて、
当時は水路も運送のメインだったから、ここは江戸経済の中心でした。
浮世絵でももはや、おなじみですよね。

現在の日本橋は東京市により、明治四十四年に完成しました。
橋銘は第十五代将軍徳川慶喜の筆によるものだそうです。
**

一見新しく見えるこの橋も、大きな歴史を経ているものだと感じさせられました。

6.PICT0066


日本国道路元標。日本の道の基点のしるしです。
複製品が歩道においてあって、日本橋の真ん中には本物が埋まっています。
本物のほうも、車どおりが少なかったので見てみましたが、物はまったく一緒でした。
文字は佐藤栄作元首相によるものだとか。

ちなみに外国にも似たようなものがあります。
フランス凱旋門・シャンゼリゼ大通りの前にも、同じようなモニュメントが埋まっています。
もしかしたらどこの国にも同じようなのがあるのかもしれませんね。

7.PICT0403

それにしてもここ日本橋、立派な橋なのに上は高速道路が通っていて、景観考えたらどうかと思いますが・・・。


8.PICT0068

この道からはさまざまな国道の起点になっています。
国道1号は京都・三条大橋までつながってたり、
国道20号(長野県塩尻まで中央道沿いに走る国道)
国道17号(関越道沿いに走る国道)
国道4号(東北道沿いに走る国道)
国道6号(常磐道沿いに走る国道)
・・・など。また、日本橋の里程標は、全国の主要都市への距離が書いてありました。
水戸までは118キロ、札幌は道路がつながってもいないのに、1156キロとのっていました。
さーてと、これから行くつくばは、何キロかなぁー?
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック