FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(2)―江ノ島編
PICT0001_20090704013654.jpg


さて、親睦旅行当日です。江ノ電の江ノ島駅に集合して、みんなで江ノ島に向かいます。
途中江ノ島に向かう道の途中で、片瀬饅頭を買いました。。
この日は風が強くて寒かったんで、お店から出てくる湯気をみて思わず入ってしまいました。

江ノ島に入ったら、普通はそのまま参道を上がるところを今回はマリーナ方面へ向かいます。
目的はしらす問屋のとびっちょ。すごい人気店で、まだ11時というのに約1時間待ちです。

PICT0048.jpg

並んでいる間に、となりの「おちゃや」にて
生しらすとクラムチャウダーを頂きます。
生しらすはたった今、港に水揚げしたものを頂きました。
一緒に行った人たちは、その後江ノ島ビールと日本酒に突入。あーあ。まだ昼間なのに(笑)

そして、とびっちょに行ったあと、料理を注文して、かんぱーい!

まずこれが生しらす丼。

PICT0054.jpg

みんな、こっちを見てるよーーーーー!!
それに、

PICT0051.jpg

江ノ島ビールという地ビール。
ちょっとおしゃれなラベルですね。
ただし原産地が新潟だったのが、ちょっと残念です。
まあこの狭い島に、地ビールはさすがにないですよね。
このほかにもしらすビールというのもありました。味は・・・。
そのほかサイドメニューでしらす玉子焼きとしらす豆腐を頂きました。
しらすかき揚もおいしそうだったけど、時間がかかるといわれたので、断念。
隣の人が食べてたのですが、揚げ色はかなりうまそうでした。

さて、おなかもイッパイに(お酒もほどほどに?)なったところで、
江ノ島にわたったら第一の鳥居をくぐります。

PICT0019_20090704014144.jpg

相変わらずのすごい人ごみです。
江ノ島は基本的に一本道だから、回るコースはいつもと一緒。

鳥居の向こうに見える江ノ島神社と弁財天をお参りして。

しばらく歩いて灯台の下まで行って。

PICT0057.jpg

男3人、龍恋の鐘をついて(涙)。

PICT0059_20090704014312.jpg

稚児が淵まで降りて。

その帰りに「富士見茶屋」に立ち寄ります。

PICT0063.jpg

江ノ島の裏側のがけっぷちにたつお茶屋さんで、窓の外はこんな景色。
ここで焼きハマグリ、おでんなどを頂きました。
ご同行の皆様はまたまたビール。
夕飯でもお酒、用意してますよー(笑)。

旅館は鳥居のすぐ近くの「惠比壽屋旅館」。
創業350年の老舗だそうです。
江ノ島の中はこの惠比壽屋と、有形文化財のお風呂がある
「岩本楼」の2つの大きい宿があるようです。あとは民宿がちらほら。
施設は必ずしも新しいというわけではありませんでしたが、いろいろ行き届いてる旅館でした。

PICT0073.jpg

惠比壽屋の夕飯。これのほかにも何品かつきました。
さすが島の食事、ほとんどが海鮮モノです。
えびす屋という名の旅館だけあって、ヱビスビールばっかりでした。

そしてこれが打ち上げで買出しに行った時の、江ノ島の風景。
江ノ島の中にはコンビニはありません。対岸まで歩きました。
江ノ島での夜景は、普段見ることもないからいいなぁ。

PICT0070.jpg

いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(1)―下見編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(2)―江ノ島編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(3)―鎌倉編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(4)―御菓子編


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック