FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(3)―鎌倉編
さて、江ノ島・鎌倉ツアーの二日目です。
少し早く起きて湘南港桟橋で日の出を見てきました。
これも、江ノ島に泊まらないとまず見れないですね。

PICT0106.jpg

PICT0115.jpg

二日目、まず江ノ電に乗って向かった先は長谷駅。
そこから歩いて、長谷観音のある長谷寺に行きました。

PICT0124_20090709001927.jpg

まさに紅葉の真っ盛り。
鎌倉の中では一番きれいかも?
京都に負けじ劣らじの色鮮やかな紅葉が見れました。

PICT0126.jpg

本堂横の展望台からの風景。
住宅地の向こうに、海が見渡せます。

ここのご本尊の長谷観音は、木造としては日本最大の観音様。
撮影禁止だったためここには載せられませんが、その大きさにはただ圧倒されます。
長谷といったら、真っ先に思い浮かべるのは「鎌倉の大仏」ですが、この観音様も見逃せないですね。

もちろん、大仏様も行きました。
小学校の遠足以来でしょうか?

PICT0138_20090709002135.jpg

実は、これも前は木造だったとか。前といっても何百年も前ですが。
災害で壊れ、その後に銅像となったようです。
鎌倉に「材木座海岸」という海岸があるのですが、何か関係でもあるのでしょうか?

また、当初は奈良の大仏みたいに覆堂の中に建っていたようですが、その覆堂も津波により倒壊し、現在の雨ざらしの状態になっているといいます。

酸性雨の影響も気になるところですが、
与謝野晶子が「美男におはす」と絶賛したこの大仏、後世に受け継がれるようにしたいものですね。

長谷参りのあとは、バスで鎌倉まで行き、お昼を食べて小町通りをぶらぶら、その後鎌倉八幡宮まで。
ただ、今回は結婚式・・・(いや、祝言というべき?)を見ることができました。
神前結婚でも、かなり本格的でした。

PICT0145.jpg

右手前の紫の装束を纏った3人が楽器演奏してます。
笙とか鼓とかの生演奏つきです。
この舞台のあるところまで親族がぞろぞろと歩いていき、中では神主さんが榊をふって、
その後に三々九度です。
なによりこの舞台は鎌倉八幡宮への参道の真下。当然、注目の的です。
鎌倉八幡宮で結婚式が挙げられることにびっくりしたのと、
とにかくお金がかかりそうだな、というのが印象でした(笑)。

あとは、他にオマケで鎌倉宮にも行ってきました。
ここの紅葉もきれい。

PICT0147.jpg

お昼は、鎌倉行って小町通りの入口のコロッケ屋にて、抹茶コロッケやら、チョコレートコロッケを
食べてみました。
このお店は変り種が何個かあります。ちょっと寄ってみると、面白いかも。
コロッケ食べた直後に、自然薯のお店でお昼を頂きました。

PICT0141_20090709002640.jpg

お店の名前は忘れてしまいましたが、小町御前とかいう名前のセットを頂きました。
麦ご飯はおかわり自由でした・・・が、前の日から暴飲暴食、さすがにお変わりは自粛しました。
代わりに、同行した方から、胃薬を頂きました(笑)

こんな感じの社員旅行。
久しぶりに鎌倉江ノ島界隈を再発見できて、楽しかったです。

いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(1)―下見編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(2)―江ノ島編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(3)―鎌倉編
いざ鎌倉・江ノ島、冬の陣(4)―御菓子編


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック