FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



雲の上までサイクリング
さて、三輪車の疲れも残る中、翌日にはちゃんと自転車のイベントもこなしてきました。
行き先は、日本一の富士山。
山のふもとから、スバルラインを通って五合目を目指します。

IMG_4640.jpg

前日は山中湖のほとりにあるコテージに泊まって、
次の日の朝に富士に向けて出発しました。
湖のほとりのサイクリングロードは、とてもよい眺め!

P7260873.jpg

国道138号にぶつかったら、富士吉田方面へと曲がり、
交通量が多く、自転車じゃ走りにくい道を抜けていきます。
もうこの辺は富士山の裾野あたり、一定の勾配の下り坂が続きます。
道が片側2車線ずつになり、富士急ハイランドが見えてきたら、
富士スバルラインの入口が現れます。
ここ、起点は標高857m。ここから標高2305mを目指します。
道のりは、片道30kmほどです。

P7260886.jpg

そこからはひたすら道を登ります。
1直線の道は気持ちいいけど、のぼりなんでちょっと大変。
クルマにはとても走りやすい道で、スピード防止のために、
道路に溝を掘ったメロディラインが作られています。
この上を法定速度で走ると、メロディが聞こえてくるわけです。
「ふーじーは にぃーっぽーん いーちーのーやまー♪」
ってな具合にね。
ところがところが、上りの自転車は法定速度なんて出やしない。
車を降りて散策してたおばちゃんに、
「あーら、自転車じゃ聞こえないのね。くすくす・・・」
なんて言われちゃいました^^;
(なお、下りの時も音は鳴りませんでした。
やはり、自転車のタイヤの接地面積じゃ、厳しいんですね・・・残念orz)

IMG_4676.jpg

富士北麓公園の北端が見えてくると、ようやく富士スバルラインの料金所が出てきました。
自転車もしっかりお金を取られます。200円。
車はすごい渋滞を作っていたので、ちょっとした隙間に入れてもらいます。
そういえば、Mt.富士ヒルクライムのときは、通行料金は取られるのかな??

P7260894.jpg

料金所を過ぎてしばらく走ると、一合目の看板が見えました。
うーん、まだ一合目かぁー。

P7260902.jpg

二合目のちょっと上にある、樹海台の展望台。
奥のほうに、河口湖が見えます。

IMG_4672.jpg

それにしても、今日は足が全然回らない。
三輪車で、普段以上に足をくるくる回したからなぁ。
他のみんなも同じで、ぴんぴんしてるのは、三輪車のかんとくと、BBQのうちのひとり。
三合目くらいになって、置いていかれました。
またひとりは自転車発注中で、なんとBD-1で、もうひとりは初参加ながら、MTBでの登山。
大変だー。

四合目まできました。
ここから勾配が少しきつくなるけど、もう一息。
少し空気が薄くなった気がする?気のせいかな?
念のため、わざと呼吸の回数を増やしたりしてみました。

P7260918_20090730232136.jpg

にょきにょきっと、白い雲。

IMG_4669.jpg

富士山だー!!
遠くから見る富士山と違って、山肌は赤茶色になっています。

IMG_4665.jpg

そして、五合目に着きました。
自分のタイムはだいたい2時間くらい。
疲れもあったし、まあまあかな。
一度はMt.富士の大会にも挑戦してみたいところ。
五合目はすっかり雲の上。空気も涼しくて、過ごしやすい!
BD-1、MTBに乗った人も無事に五合目までたどり着きました!
車で来た人からは、驚いた様子で見られました。
この優越感、最高ですね☆これだから坂馬鹿はやめられない。

IMG_4660.jpg

自転車を並べて記念写真。

IMG_4656.jpg

上で食事する予定だったけど、思いのほか五合目付近が混んでいたので、
そのまま降りることにしました。
富士山は自転車乗りが多く、クルマが自転車のりを追い越すために
反対車線にはみ出すこともあるので、
下りとはいえ、かなり注意が必要です。
それに、バスとかの大型車も多いしね。

IMG_4680.jpg

無事に山の上り口までたどり着きました。
写真は、途中の道の駅で食べたソフトクリーム。
「信玄ソフト」といって、きな粉をブレンドしたソフトクリームに、
黒蜜をかけています。
さながら信玄餅みたいな雰囲気だけど、、、うーん。
・・・話のネタにはいいかな(笑)
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

恒例のソフトクリームv-218

【2009/07/31 23:49】 URL | しみやん #- [ 編集]


ほっかいどーから帰ったら写真ちょうだいな♪

【2009/08/01 00:27】 URL | きたぢ #- [ 編集]


ピンピンしてた一人です。

むしろ富士HCに調子を合わせてきた疑惑です?

【2009/08/01 01:49】 URL | 準優勝監督 #- [ 編集]


〉しみやんさん
味はちょっと…。
ま、取材だからいいや(笑)

〉きたぢさん
了解!写真はあとで渡すねー

〉世界二位の監督さん
そりゃ、今回は選手兼任じゃなかったからね(笑)次回はぜひ三輪車の方も!
…って、本コースでやる頃は、冬だと自転車乗れないかもね

【2009/08/01 15:40】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック