FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



北の最果て(3)―利尻島(中編)
オタトマリ沼は、利尻島の時計の針で言うと5時の場所。
2時前には中間地点の仙法志に着いていたいと、結局ろくに食事もせずに進むことにしました。
利尻のうに丼、期待してたのになぁー。残念。
実は、ここでも姫沼で会ったお二人に出くわしました。
結構早いと言われて驚かれて、
さらに自転車で島を1周まわるといったら、さらに驚かれました。
確かに、1周60kmは、あまり長距離を自転車に乗らない人にとっちゃ
すごい距離なのかも。
こうなったら、この二人よりも先に1周しようって、
勝ち目のない戦いに挑むべく、闘志に火がつきました。
雨でダルダルだったのに、急に元気になりました。
自分って、単純だなぁ。
・・・って、この日は結局一度も会わなかったのですが(笑)。

IMG_5095.jpg

今度は南浜湿原という看板が見えてきたので、ちょっと寄りました。
姫沼、オタトマリ沼とメインの観光地なので、たくさんの客がいたけれど、
ここ南浜湿原は人があまりいません。
そのためか、ここにある沼のほとりがとても静か。
喧騒を忘れて、自然の中に溶け込んだようでいいですね。
ちっちゃな湿原でしたが、ここが一番よかったかもしれないです。

IMG_5097.jpg

仙法志の集落に入りました。
とくに観光地でもなんでもないけれど、ただ漁港を巡ります。
こんなところも観光バスじゃ通らないですよね。

IMG_5111.jpg

IMG_5118.jpg

途中「麗峰湧水」という水で、のどをうるおします。
ここ利尻島の水は全国の名水100選に選ばれていて、おいしい。

そして町の多い中、海にせり出した神社や弁天様、
山に向かって建てられた神社などが多くありました。
海での安全を祈願して立てられたのでしょう。

IMG_5134.jpg

沓形は時計で言うと9時の場所。もう鴛泊までは13kmなので、
レンタサイクルの返却には悠々間に合うということで、あとはのんびり進むことにしました。
島の東側ではすっかり雨に降られましたが、西側に来てからは
太陽も顔をのぞかせるほどになりました。
それでも、利尻富士の全景は見えそうで見えない。うーん。

IMG_5148.jpg

ここから先は自転車道を行きます。
道道1076号線は、「利尻富士利尻自転車道線」で、20km以上もの道が
自転車道で結ばれています。
が、一見走りやすいかと思いきや、場所によってはそうでもないです。
道はくねくねしてて、見通しの悪いところがあったり、
カモメのフンだらけの場所があったり。

IMG_5175.jpg

ミルピス商店というお店に寄りました。
この怪しいネーミング。
巷では、ミルク+カルピスをミルピスと呼ぶ人もいるけれど、
それとは違うのかなぁ。

IMG_5171.jpg

さっそくミルピスを注文しました。
瓶牛乳のビンに、ミルピスの文字がしっかり入っています。
飲んでみたけど、・・・カルピスじゃない!ミルクでもない!ヤクルトでもない!
酸味がちょびっとあって、おいしい。けど、味は説明しづらいなぁ。

IMG_5174.jpg

他のジュースも試飲させてもらいました。
右から順に、こくわと、なにか(忘れた)と、はまなす。
足あと帳とか、ミルピスの注文ノートとかも、渡されました。
見ると、1日に何人か、ここにメモを残してるみたいです。
今日の日付でも、2人の書込みがありました。
やはり、ローカルでも面白い店は、
こうやって探して全国から人が集まるんでしょうね。

IMG_5197.jpg

時間にゆとりがあったので、富士野園地で少しゆっくりすることにしました。
ここからカモメの集まる島、ポンモシリ島が見渡せます。
空を気持ちよく飛ぶカモメ、打ち寄せる波・・・いつまで見てても飽きないなぁ。

そしてレンタル終了5分前、予定通りにフェリーターミナルに戻りました。
・・・が、レンタサイクルのおじさんが外出中。
時間過ぎまで待ったけど、戻ってきません。
窓に携帯番号が張ってあったので、電話してみると、「あー、適当においといて」って。
てきとーだなぁ・・・。これじゃ、自転車整備不良なのも、うなずけます。
ま、いいか。1周60kmのこの島なら、これで十分か。

IMG_5239.jpg

自転車を返し終わったあと、宿には6時に戻ると伝えていたので、まだ時間がありました。
そこで、目の前にあった観光地、ペシ岬に展望台があることを知り、上ってみることにしました。
ひーこらひーこら。標高100mはあろうかというこの岬を、
くたくたになった体に鞭打って上ります。
鴛泊港からは、ちょうど稚内行き最終便のフェリーが出るところ。
岬の頂上からはこんな360度の眺めが楽しめます!

IMG_5230.jpg

IMG_5238.jpg

宿には、18時きっかりに着きました。
けど、宿へついた途端に言われた衝撃の事実。

「今日、あなた貸切ですよ」

へ?Σ( ̄○ ̄:)...。


北の最果て(1)―ノシャップと稚内
北の最果て(2)―利尻島(前編)
北の最果て(3)―利尻島(中編)
北の最果て(4)―利尻島(後編)
北の最果て(5)―宗谷の岬
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

民宿貸切豪華ですね(笑)

【2009/08/08 18:00】 URL | しみやん #- [ 編集]


いやぁ・・・
さすがにこればっかりは寂しい。
ちょっとなぁ・・・

【2009/08/08 23:38】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック