FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
IMG_4818.jpg

そして、夜。再びミーティングです。
前日10時間歩いた人はみんな疲れ果てて、
ミーティングに参加した人はわずか1人だったのに、
自分たちのグループは、なんと全員参加!!
みんなで楽しく歩けたからなぁ。
それにしても、このユース最後の夜に、再び顔をあわせられたのがとてもうれしい!

もちろん今日はじめてユースに来た人もいて、
礼文島の紹介をしていきます。
スコトン、鮑古譚、ゴロタ、澄海、鉄府、ウエンナイ・・・
A1の画用紙に大きく書いた、イラスト入りの手作りの地図を目で追って行くと、
こんなところを通ったなぁ、と感慨深く見入ってしまいます。

ミーティングの途中では今日のリーダーが呼ばれました。
今回最もよかったところは?ときかれると、

「ウニ!」

と元気よく答えました。
いや、コースのことをきいてたんだけど(笑)

けど、最高!!

サブリーダーに「今日は愛とロマンは生まれましたか??」なんて聞かれて。

「生まれました!!」

なんて(笑)

けど、こんなメンバーたちとも明日でお別れ。
笑いながらも、心の隅ではちょっとさびしさがあったかも。


歌のコーナーでは、いろいろと昔に流行ったフォークソングとかも
歌ったりするんだけど、
まずこの日に選ばれた曲は坂本九の「上を向いて歩こう」。

♪上を向いて歩こう  涙がこぼれないように
思い出す春の日  一人ぼっちの夜・・・

今日歩いた道、今日見た風景、今日聞いた風や自然の音などを
思い浮かべながら、みんなで歌います。
あまりにも多くのものを見てきたはずなのに、それなのに、
その景色は次々と頭の中に鮮明に浮かび上がってきます。

この曲が終わり、次に昔のユースのヘルパーが作った歌を歌いました。
その次、3曲目は音楽の教科書でもおなじみ、「切手のないおくりもの」。

http://www.youtube.com/watch?v=MKSRQe7LC88&feature=related

 ♪わたしからあなたへ この歌を届けよう
   広い世界にたった一人の 私の好きなあなたへ


年老いたあなたに、知り合えたあなたに、別れゆくあなたに・・・と、
知っている歌と言うこともあり、みんなも一生懸命、
手拍子をしながら大声でこの歌を歌います。

はじめはオーバーで、ついて行けないんじゃないかと思ってたこのユースの雰囲気。
けどそんな恥じらいは気にせずに、みんなで歌って踊って騒いでという
この雰囲気にすっかり飲まれてしまいました。
そんなこのユースを、明日には出発しなきゃならない。
今日苦楽をともにした仲間とも、明日の朝でお別れ。
名前さえも聞かなかったし、これからも会うこともないだろう。
いろいろな想いが交錯するうちに、不思議と涙がでちゃいました。

最後の歌は、5つの赤い風船の「遠い世界に」。
このユースでの最後の曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=B0yA9f0ZpXI

 ♪遠い世界に 旅に出ようか
   それとも赤い風船にのって
   雲の上をあるいてみようか・・・

ヘルパーもみんなも、最後の曲を大声で歌い、おどります。
名もよく知らない人どうしながら、ちっちゃい子や、若い人から年配の世代まで、
これだけみんなで一緒に騒いで踊り、心から楽しめることなんて、あったかなぁ。
最後は声にならないような感じだったけど^^;それでも最後の曲も楽しめました。

**

明日の「愛とロマンの8時間コース」に参加するのは3人。
彼らには、どんなドラマが待ってるのかな?

ピーチロック・ハウス(1)―礼文島の港にて
ピーチロック・ハウス(2)―モモイワソウへ
ピーチロック・ハウス(3)―ミーティング!ミーティング!
ピーチロック・ハウス(4)―スコトン出発
ピーチロック・ハウス(5)―ゴロタ岬からスカイ岬
ピーチロック・ハウス(6)―お昼の時間
ピーチロック・ハウス(7)―ウニ!ウニ!
ピーチロック・ハウス(8)―エーデルワイス
ピーチロック・ハウス(9)―8時間コースのゴール
ピーチロック・ハウス(10)―最後の夜のミーティング
ピーチロック・ハウス(11)―行ってきます

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

大人になるとなかなかできなくなる経験ですね。
ほんと?
と思うほど(笑)、ドラマです!

【2009/08/29 23:15】 URL | くまのみ #- [ 編集]


中学のキャンプファイアとか、そんな思い出を
久しぶりに思い出させてくれました。
とにかく、ヘルパーの方々に感謝です!!

【2009/08/30 21:54】 URL | まっつー #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック