FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



長野合宿(2)―そして、乗鞍へ。
旅の前の日は、眠れないもの。
特に今回は仕事のほうがあって、家に帰ったのも遅く(-o-;)
それから旅行準備やらタイヤ交換やらを始めてしまったので、ほんとに寝付けなかったのです。
そして、いよいよ寝ようかと思ったときにテレビで始まったのが、「NHK 小さな旅」。
しかも場所はよりによって乗鞍。
道路はマイカー通行禁止で自然の宝庫で、例えばクマが道端に現れても逃げないとか。
万年雪に作った、特設のゲレンデだとか。
今年で最後になる、コロナ観測所とか。
こんな時間にそんな放送やらなくても、と思いながらも、
空が白み始める時間まで、ついついテレビを見てしまいました。

出発の日の朝。
そういや、クマが出るって言ってたっけか。
尾瀬で買ったクマよけの鈴持っていこうかな。

けど、荷物になるし、やめた。ぽいっ。




・・・けど、本当に出ちゃった。。。

しかも、自分たちが行く日の前日だなんて。。。
連休初日 クマ、行楽客襲う 岐阜・乗鞍岳、9人重軽傷(朝日新聞)

それでも行くしかない、せっかく長野まで来たんだしと、次の日は
予定どおりに出発することになりました。



今回の出発場所は風穴の里という道の駅でしたが、
この記事では自分が走ったトコ全部でなく、乗鞍高原観光センターからのコースを紹介します。
(あとの記事でも書く予定ですが、松本から高山に抜ける国道158号を、自転車で抜けるのは危険!
なおかつ道が狭くて、渋滞している時は進めません。
この記事を見ている自転車乗りの方も、できるだけこのコースは外されたほうがいいと思います)

IMG_6281.jpg

ここが乗鞍高原観光センター。
大きい駐車場があって、普通の人はここからバスやタクシーに乗り換えることになります。
マイカーが進めるのは、この先の三本滝まで。
ここが全日本マウンテンサイクリングin乗鞍のスタート・ゴールですが、
ここに着いた時点でもうへとへと。
というのも、もうここに来るまでに、500m以上も上ってきたし。

IMG_6286.jpg

ここが三本滝のゲート。ここから先はマイカーは入れません。

IMG_6292.jpg

・・・なので、自転車にとっちゃ、すごく走りやすい。
来るのは、タクシーか、バスだけだし。
自分たちのペースで、ただ黙々と坂を上ります。

途中は何度も10%の勾配がありました。
かなり久しぶりの運動だったからか、準備運動が十分じゃなかったからか、
いきなりのヒルクライムだったからか、途中トンネルで怖気づいたかわからないけど、
体が思うように動かない。
ので、あっさりスピードはあきらめて。
写真をとりながらのんびりと進むことにしました。

IMG_6293.jpg

途中にあった冷泉小屋。山小屋かな?けどもう閉鎖されてる。
近くの水場で水をくみたいと思ったけど、
どうもこの辺の水は硫化水素くさい。
ボトルが空になりかけの状態で走ります。
背中にしょってた、エビアンの小さなボトルが命拾い。

IMG_6296.jpg

さらに進むと、山荘が見えてきました。
こちらはあいてたので、ここで水を補給。助かった!
山小屋のおじさんに聞いてみると、どうやら自分たちのグループの人は、
5分か10分くらい前に通り過ぎたとのこと。
思ったよりは差がついてない。
もう少し、頑張ろう!

IMG_6301.jpg

・・・と意気込んだのはよかったけど、足が吊りかけました^^;
いやはや、きつい。
けど、山頂が見えてきた。
そして緑の景色の中にも、紅葉した葉がちらほらと。

IMG_6307.jpg

さらに進んだ所からの景色。
みちがうねうねとしてる。
そして高い木がない。もう森林限界はとっくに越えてるみたい。
自分たちと同じように上っている人、見えるかな?

IMG_6344.jpg

そして、頂上に到着!
タイムはいまいちだったけど、なんとか完走。
それにしても、雲ひとつない青空。

IMG_6316.jpg

と思ったら、あった。
山の下に。

IMG_6325.jpg

ここ畳平は、日本自動車道の最高地、標高が2702mあります。
富士山上った時はともかく、
こんなに高い所まで来たことって、あまりない。
自分たちのグループでも、高山病になった人もいたし。

畳平は昨日クマ騒動が起きたばかりだというのに、
どの店も普通にやってて、観光客もたくさんいて、
自転車乗りもたくさんいて、平静を装っているように見えました。
周りを見れば高い木もない、何でこんな所にクマが出たんだろうってのがとても不思議。

IMG_6317.jpg

摩利支天岳の山頂にある、コロナ観測所。
太陽の活動を観測するための重要な施設でしたが、
最近では人工衛星を使った観測も行われているため、
2009年度末を持って閉鎖されるようです。

そして、帰りは4時過ぎに降りはじめ、国道158号とのT字路のところで、
仲間が先に持ってきた車に自転車を積んで終了となりました。

**

ダウンヒルのときももちろん、一般車がいないので、
ついついスピードを出しすぎたり、反対車線に飛び出しがちです。
道路をめいいっぱい使って走るのは、とても気持ちいいですけどね。
けど、スピードの出しすぎで前の車にぴたりとくっついて走ったり、
センターラインを超えたりするなど、ここ乗鞍での
自転車の走り方のマナーが最近問われているようです。

事故を起こせば自己責任ですが、たいていは自転車が弱者になってしまい、
事故を起こされた時は、タクシーやバスのドライバーから見たら迷惑モノ。
場合によってはたった一件の事故が、
今後の自転車の通行規制に、なんて話にもなりかねません。

これからもすべての自転車・バス・タクシーが
気持ちよくこの道を共有できるようにしていきたいですね。

長野合宿(1)―プロローグ
長野合宿(2)―そして、乗鞍へ。
長野合宿(3)―美ヶ原高原
長野合宿(4)―美ヶ原散策
長野合宿(5)―味わい工房
長野合宿(6)―あずみの
長野合宿(7)―清里ランチ
長野合宿(8)―トンネルの危険。

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック