FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



長野合宿(8)―トンネルの危険。
IMG_6370.jpg

さて最後に、長野と岐阜を結ぶ道についてご紹介。
初日のサイクリングで乗鞍に向かうとき、スタート地点にしたのは風穴の里という道の駅でした。
国道158号沿いにあるところです。

国道158号は、松本市内を起点として、高山方面へと向かう道路です。
関東から、上高地や平湯温泉、新穂高方面に行ったことがある人は
使ったことがあると思います。
その道の途中は、何個もトンネルがあるのですが、その途中がとっても危険。
ぜひとも自転車で行かれる方は、再考をお願いしたい所です^^;

というのも、とにかく車が多いのと、道幅が狭いのと、歩道がないのと。
トンネルの中は、ふつうはどこも一段高くなった、歩行者が歩くための場所があるのですが
この辺りのトンネルはそれさえもありません。

IMG_6273.jpg

トンネルの中の様子です。
新島々から1個目のトンネルは、路肩の段差があったので、そこを歩きながら進んだけど、
2個目はやっと人が歩ける程度、
そして、3,4個目・・・になると路肩なし!!
上の写真の入山隧道では、なんとトンネルの中で二つに分岐してる・・・

IMG_6278.jpg

奈川渡ダムの上の歩道を進んだのもつかの間。
再びトンネルへと入ります。

ここから乗鞍へ通じる交差点までにトンネルは4つ。
どれも1km越えのものばっかり。
渋滞にいらいらした車が猛スピードで後ろから突っ込んできて、
自分たちをよけようとして反対車線に飛び出した所を、反対側からも車がやってきて・・・
ってのは本当にありました。かなり怖かったです。

IMG_6349.jpg

とくさトンネルの入口。
看板多すぎで、青信号で走っているドライバーからは、とてもじゃないけど読めるわけない。
たぶん、自転車でない人でも、ただでさえ狭いこのトンネルに苦労するだろうに。

看板拡大

もともとこの道は、ダム開発の資材運搬用に作られて、
その後に国道として整備されたそうです。
だからこそ、中央アルプスのど真ん中に、こんなトンネルを作れたのですね。
ただ、トンネルはかなり狭く、右折専用のレーンさえも作れないほど。
右折したい車は信号を超えてトンネルをくぐって、Uターンして左折せよ・・・
って、こんなむちゃくちゃな看板見たことない!

IMG_6352.jpg

前川渡の交差点付近のトンネル。
こんなところで、トラックやバスに追っかけられるのはちょっと・・・

ちなみに、長野と岐阜や、富山側を越えられる道はたったの5本だけ。
 (1)国道361号[木曽街道](長峰峠)
 (2)県道39号[野麦街道](野麦峠)
 (3)国道158号[飛騨街道](安房峠/安房トンネル)
 (4)[乗鞍スカイライン]※一般車通行止め
 (5)黒部のトロリーバス
いずれも南側の道だったり、車でいけなかったり。
国道158号より北には白馬や白山があり、日本海まで親不知辺りまで道はないようです。
この中ならば、自転車乗りでオススメするのは、野麦峠くらいでしょうかね?

何がともあれ、自転車での旅にはお気をつけて!

長野合宿(1)―プロローグ
長野合宿(2)―そして、乗鞍へ。
長野合宿(3)―美ヶ原高原
長野合宿(4)―美ヶ原散策
長野合宿(5)―味わい工房
長野合宿(6)―あずみの
長野合宿(7)―清里ランチ
長野合宿(8)―トンネルの危険。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック