FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



長野合宿(6)―あずみの
さて、自転車に乗るのは最後の日。
安曇野に行ってきました。
スタートは、麻績IC近くの道の駅「さかきた」。
麻績村から生坂村、池田町、松川村、安曇野市、松本市、筑北村と、
たくさんの村を回るルートです。
市町村合併があったのに、これだけ村が残っているなんて。長野はすごい。

P9220994.jpg

麻績川沿いを進みます。
途中は岩場あり、トンネルありのルート。
道はくねくねしていて、時々来る対向車には気をつけなきゃだけど、
サイクリングには最高のコース!

P9221019.jpg

とくに、山清路橋辺りは渓谷になっていて、
水も緑色できれい。
こんな景色が見えてきたら、国道に入ります。

国道19号は中山道になるのかな?
生坂トンネルが見えてきたら、国道とお別れ。
ここで今日一つ目の峠、四人峠です。
峠とはいえ、200か300mくらいの標高差。
体力は残ってないけど、2日前の乗鞍に比べたらへっちゃら。

峠を越えて山を下ったら市街地へ。
大糸線の通る、信濃松川に出ます。

P9221034.jpg

・・・といいながら、電車の線路を越えてちょっと走ったら、すぐこんな風景。
のどかでいい感じ。

P9221038.jpg

ここでがんこおやじの看板が見えたので止まってみました。
ここは、そう、あの野沢菜の漬物で有名ながんこおやじの関連施設、
「ハロー安曇野とんぼだま美術博物館」です。
ちょうどレストランもあったので、ここでお昼を頂くことにしました。

IMG_6497.jpg

やっぱ信州といえば。そばでしょ。
これに、からみ麹の冷奴。こうじが、冷奴にすごく合っていて、うまい。
お昼を食べて、さらに先へと急ぎます。

P9221035.jpg

ちょうど稲刈りが終わり、今はそばの花が満開。
これでそばの実がなると、いよいよ秋の新そばが食べられる時期になります。
面食い党・・・じゃなかった、、、麺食い党の自分にとっちゃ、これからの時期が楽しみです!
新そばに、マイタケとか、キノコの天ぷらなんてのもいいなぁー。

P9221055.jpg

穂高の駅に向かって進もうとするも、道がちょっと複雑で迷いました(汗)。
うっかり入った路地には、こんなでっかいクワガタが。
何の工場だったんだろう?と思いながらも、たまには迷うのも面白い。

とここで、同行者の一人がつけていたGarminが大活躍!
Garminは携帯用GPSで、かなりのスグレモノ。
順調に穂高駅までこれました。
そしてそのあとは・・・

IMG_6507.jpg

大王わさび農場。
大きいわさび畑があったり、直販所があったりします。
そして、

IMG_6504.jpg

もちろん食べました。わさびソフト。
ここのは、わさびがあまりきいてなかったなぁー。
まあ、わさびが効きすぎるからって、おいしいとは思わないけど・・・。
それよりも何よりも、となりで売ってたわさびジュースのほうがかなり強烈だったようです(笑)

IMG_6511.jpg

P9221096.jpg

それにしても、のどか。
ちょうど稲刈りの時期なんですね。
世間は今年は5連休だというのに、農家の人にとっちゃ、休みも何もない。
休んだ所で、収穫のタイミングを逃すんじゃ、大変だ。

P9221080.jpg

コースには他にも長峰山、風越峠など他の峠もあったけど、
そこも何とか上りきり、無事に明科へ生還!
お疲れ様でした!!

P9221105.jpg

長野合宿(1)―プロローグ
長野合宿(2)―そして、乗鞍へ。
長野合宿(3)―美ヶ原高原
長野合宿(4)―美ヶ原散策
長野合宿(5)―味わい工房
長野合宿(6)―あずみの
長野合宿(7)―清里ランチ
長野合宿(8)―トンネルの危険。


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック