FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



蒼森の旅(4)―十二湖
十二湖駅に到着しました。
ここからバスで、山に向かいます。
それにしても、なんて文字の大きい時刻表だこと。
しかもバスは一日6本だけでした。

十二湖駅バス停

こんな本数ながらも、バスはしっかり電車に時刻を合わせていて、
電車到着の5分後きっかりにバスが来ました。

このバスの運転手がとにかくしゃべります。
それがまたおもしろい。

バスの車内放送(運転手はこのテープのことをコマーシャルといってた)でも
観光案内が流れるけど、運転手はそれを上塗りするように
津軽風のなまりで付け加えていきます。

「何かコマーシャル流れるけど、聞きたくない人は聞かなくてもいいですから・・・」

奥十二湖駐車場につくまで、何回このセリフを聞いただろう(笑)?
電車の中の三味線のおじいさんと引けを取らないわからなさでした。
北東北のそこそこ年上の人は、みんなこんなもんでしょうか?

ここで、十二湖についてちょっと説明しておきます。
十二湖は、白神山地のふもとに点在する湖沼の総称です。
実は12個どころじゃなくて、33個もあります。

なぜそれで十二湖か、というのは、
この近くの大崩山からみると、十二の湖が見えたからだそうです。
大崩山は白神山地の森の中にある木のない、土砂崩れしたようなはげ山です。
その近くには「日本キャニオン」という、
いかにもグランドキャニオンの比にも及ばないような渓谷があったりします。

ところで余談ですが、津軽半島のかなり先っちょ五所川原市(旧市浦村)には
「十三湖」なる湖があります。
周囲30キロの半分海の水が入った汽水湖です。
北海道のサロマ湖とか、鳥取の宍道湖みたいに、海に接した湖です。
そんな広い湖ながらも、なんと最大の水深は1.5m?
もしかしたら、中心まで歩いていけるかもしれません・・・。

さてバスは山道を登り、すぐに湖が見えてきました。
始めは「八景の池」。はじめから名前は「池」・・・?
けど、これがまたすごい。水深が128mもあるそうな。それでも池かいな、って感じです。
その池を過ぎると、すぐに次のが見えてきます。

その名も、「二つ目の池」(笑)

何の変哲もない池でした。二つ目を見た時点で名前付けるのめんどくさくなったんでしょうか?
三つ目の池はなく、あとはそこそこちゃんとした名前がついてました。
森の奥に進むごとに、池の透明度はだんだんと増してくる、そんな気がしました。

PICT0045.jpg

終点、奥十二湖に到着。
そこから7,8分ほど歩いて、今回の目的の青池に着きます。
霧のかかった白神山地を前に、鶏頭場(けとば)の池を横に見ながら森の奥へと進んでいきます。
この池も緑の中に囲まれて、日頃の疲れを癒してくれるような風景でした。
風が涼しくて、白神山地の中でマイナスイオンいっぱい浴びてるみたい。

鶏頭場の池を過ぎると、いよいよ青池。霧がかかっててよく見えないけどあれかな??
池の横に遊歩道があり、階段を上ってくと・・・あれ?

PICT0065_20091012233834.jpg

白い霧が晴れて、湖の色が霞がかった色から青へ、そして蒼へと変わっていきました。
この中に森の精か、神様が住んでて、いつの間に色を変えてしまったみたいでした。
やがて慣れてくると、湖の底まで見えてきます。
けど、どれが水面に映った木で、どれが水底の木か、まったくわかりません。

PICT0063_20091012233927.jpg

これが青池。
文字通り青い池です。
湖の深さは9m、透明度も9mあり、水底まではっきりと見えます。
なぜ青く見えるかは、わかっていないとのことです。

ここに来てた人の話では、晴れた日はもっと青く見えるんだとか。
さらに秋になると、山が一面紅葉して、この湖がさらに映えるんだとか。

白神山地の一部は1993年12月に世界遺産登録されています。
世界を見ても最も広大なブナ原生林の残る地域として注目されました。
初夏には、ブナが水を吸い上げる音が、木の中から聞こえてくるそうです。
この世界遺産の麓にある青池も、これから観光客が増えたとしても、
いつまでもこの湖が青くいてほしいものです・・・
そのためにも、ここへのアクセスをマイカーでなく公共機関を使うとか、
そういった自然を守る意識が私たちには必要かもしれませんね。

十二湖をあとにし、再びバスへ乗り込みました。
さっき乗ったバスの運転手と同じ人でした・・・。

お土産に買ってみたリンゴジュース。

め

その名も、「め」。津軽弁で「うまい」という意味だそうです。
他にも、「あま」(だったかな?その通りあまい)のと、「すけ」(すっぱい)という計3種類の味があります。
飲んだ「め」はとにかく味が濃厚でした。
普通の果汁100%リンゴジュースが100%なら、このジュースは200%はあるのかも?
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック