FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



藝於游(その3)―偕楽園駅
さて、ここで話が脱線。
この偕楽園はすぐ近くに駅があります。その名も「偕楽園」。
これがその駅です。

PICT0053.jpg

いや、駅といっても・・・「通行止」ってなってる?!


ここの駅は、梅祭りが行われる2月の2週間だけ、使われるそうです。
普段は電車はとまりません。
上から撮ったのがこの写真。

PICT0054_20091022165733.jpg

やけに長いホーム・・・。
こんなきれいなのに、わずか2ヶ月しか使われないなんてもったいない・・・。

この駅、臨時駅だけあって、いろいろ変わっている所があります。

一つは改札口がない!!
端っこまで写りきれてないけど、実はこのホーム、改札がありません。
この駅は上の写真みたいにホーム降りたらすぐに出口らしいです。
臨時で開く時は駅員がこんな数箇所の階段に立っているのでしょう。

もう一つは、ホームが片側しかない!!
なんでも、上野方面からの電車に対応しているらしく、
東京に帰りたいと思っても、この偕楽園の駅からは乗れないそうです。
なので、東京に戻る人はいったん水戸まで向かい、そこから折り返して乗らなきゃいけません。
ううん、なぞの多い偕楽園駅。。。

ちょっといけてないところは、JRが偕楽園を二つに分断してしまっていることです。
左が好文亭のあった山で、右が千波湖のあった側です。
歴史的価値のある名園をこのように簡単に分断していいのか、というのはちょっと気になります。
もとから街道の両側にこのような園を作ったとも考えられますが・・・。

藝於游(その1)―4月の偕楽園
藝於游(その2) ―好文亭と花の散歩道
藝於游(その3)―偕楽園駅
藝於游(その4)―千波湖
藝於游(その5)―光圀公
藝於游(その6)―弘道館
藝於游(その7)―水戸の桜

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック