FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



天城越え(1)―城ヶ崎
土曜・日曜と伊豆へ行ってきました。
目的は、研究室の忘年会に行くため。
とはいいつつも、もう卒業生、昼間のバスケの部は行くまでもないと
途中で合流することにしました。

東京駅で初めてガイドブックを買い、そこから行き先を決めます。
とにかく伊豆って、公共の交通手段がバスとか船になっちゃうんだよね。
そうすると値段も高くなるので、今回は東伊豆に行くことに。
研究室での忘年会の宿泊先は修善寺だったんで、
東海岸を下って、途中から山にはいって、天城峠を越えれば・・・。

まずは横浜から東海道本線で熱海まで。
そこから伊東線に乗り換えて、伊東へとすすみ、さらに伊豆急行で南下します。
はじめの目的地は城ヶ崎海岸駅。

PICT0001.jpg

城ヶ崎海岸駅から15~20分ほど歩いてたどり着く城ヶ崎海岸には
海洋公園という公園があり、なんだか南国チックな雰囲気です。
伊豆の海って、首都圏に近いのに、青くてきれいなんです!

PICT0009_20091030005046.jpg

海についてまず見たのがこの景色!冬晴れの青い空に、さらに青い海が広がります。
ハイキングコースがあったので、歩いて見ました。
ところが海岸線は切り立ってて、海沿いのハイキングコースを歩くにも
かなりのアップダウンが続きます。道のいたるところには、岩、岩、岩。
ほんと歩きづらいです・・・。

PICT0018_20091030005159.jpg

岬の灯台に着きました。
上は展望台になってて、無料ではいることができるようだったので、
上ってみました。

PICT0014_20091030005046.jpg

階段で5階分以上上がります。
ひーこらひーこらと、上がって見えたのがこの景色。
展望台からだと、海の景色だけでなく山の景色も見ることができるからいい!
特に目を引いたのが、伊豆高原の草に覆われた大室山。
夏には、これが一面緑に変わるんだとか。見てみたいなぁ。

PICT0020_20091030005159.jpg

再び下へ。今度はつり橋を渡ります。
入り組んでいる地形の途中に作られた、門脇吊橋。
高さは何十mもあって、こんな所から落ちたら一貫の終わり。
足がすくんで、写真を撮りたくても、真下は怖くて撮れません・・・

PICT0026_20091030005159.jpg

つり橋の外から見るとこんな感じですよー!
奥に見える、かすんだ島が大島。
朝は雲ひとつなく、すっかりいい天気でした!

PICT0021_20091030005159.jpg

灯台の近くに「城ヶ崎ブルース(作詞:星野哲郎)」っていう歌の歌碑がありました。
昭和の頃に、ロス・プリモスっていうグループが歌ってたらしいが、そんな時代の歌はもはやわからない・・・。
けど歌碑に写った海がきれい。


天城越え(1)―城ヶ崎
天城越え(2)―河津と七滝(前編)
天城越え(3)―七滝(後編)
天城越え(4)―天城トンネル
天城越え(5)―修善寺めぐり
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック