FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



国民年金の学生特例?
以前のブログで3回に分けて書いた記事をまとめてみました。
国民年金で、学生特例使った人、たくさんいると思います。
会社入って、年金手帳あずけて、あとは天引きでまかせた!ってところでしょうか。
ところが、意外な意外な落とし穴?

どうやら、この学生特例で未払い?未納の分って、そっから引かれてるわけじゃなさそうなんです。
何か自分で振り込むとか、手続きしないとだめみたい。
知り合いで就職して、何年かあとにこのことに気づいてあわてて振り込んだら、
過去数年分は未納扱い、ってことで追加徴収みたいのをされたとか。
そこで社会保険庁に問い合わせてみました。
(ちなみにこの数ヵ月後に、社会保険庁に関するニュースがずいぶん飛び出しました^^;)

年の瀬迫った12/29、年内の仕事も収まったので土浦の社会保険事務所まで行きました。
ネットのカレンダー?見たら、特にトップページにも年末年始の告知とか、書いてなかったし。
29日ならぎりぎりやってんでしょ?と思ったんだけど。

まあ、自分の下調べが足りなかっただけなんですけどね。
もちろん、やってませんでした。
電話掛けても、自動音声とかの対応はなし。
それどころか、年末年始の相談窓口の空く時間の案内も、全くなし。
けど茨城県の事務所のページから行くと、12月29,30,31は休みになってないし。
まさか31日までやってるとは思わないけどさ、もっとわかりやすくしてくれればいいのに。
そもそもの話で、お役所のサービスって、対象が国民なんだから、もっと国民が使いやすくなるように(休日に開けて平日のどっかに休みいれるとか)できないもんかなぁ・・・?

そこで、もう一度年始に行って見ました。今度はちゃんとやっていました。
わかったことと自分の経験をまとめてみると、

①国民年金は1年ごとに延長は可能。
ただし、2年をすぎると、遅延金?みたいのがついて、
普通に払うよりも多く払わなければならない。

つまり、現役合格した大学4年生(22歳)が次の年から就職する場合は
この制度って十分使えるのだけれども、例えば浪人したとか、大学院行ったとかで、
就職する年齢が23歳以上になると余分にお金を取られてしまう。

②学生の時に特例を受け、いざ就職しても、未納分の催促の連絡は来ない。
そのため、就職してからしばらくたって気がつき、その時には多くの遅延金がかかってしまいます。
結局あとで払おうとしても損するだけなのかも知れない。
どうにかお金を工面してでも払った方があとのこと考えると得。

ちなみに4年間未納の場合は将来的に年8万円ちょいの減額らしい。
支払額って、今は1月あたり13000円だっけ?
60歳になって年金をもらいだして、70歳をすぎるころにはあとは損する一方。
もちろん今の年金制度が維持される、という大前提ですが・・・。

こんなです。早速納付書送ってもらって、2年分払ってきました。
1ヶ月ごとの納付書が送られてきたので、
コンビニの店員が「こ、これ全部ですか?」っていうほど嫌な顔されました。
普段行くコンビニで払い込みしなくてよかった。
お金払って領収書もらって、コンビニのお決まり言葉「ありがとうございました」のあとの
「またお越しくださいませ」がなかったしね(笑)。

あーあ、とんだ大出費。

※あくまで自分の経験と記憶に基づいてます。最近ではずいぶん状況も変わっていることも想定されます。国民年金に関して正確な情報を得るためには実際に社会保険庁ホームページ、あるいは近くの年金相談センターに問い合わせてください。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック