FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ぐるっと本州鉄道旅(3)―白馬→南小谷→糸魚川
PICT0114_20100121010511.jpg

白馬駅にて。6時53分の電車に乗り込みます。

PICT0115_20100121010511.jpg

2両編成の電車に乗って、今度は終点の南小谷まで行きます。乗った時間はわずか20分。
終点の南小谷まで着くと、また40分以上待たなきゃいけません。
南小谷からの路線は1日7本しかないし、仕方ないか。

PICT0124_20100121010510.jpg

南小谷駅のまわりは本当に何もないんで、ただぼけーっとしてました。

PICT0129.jpg

ホームの反対側から。
自分と同じように、電車待ちの人がたくさん。
多かったのが、登山装備を持った人たちでした。
北アルプスでも行くのかな?山の上に行ったら、気持ちいいだろうなぁー

PICT0131_20100121011233.jpg

やっと電車が来た。と思ったら、今度は一両!
ホームはこんなに長いのに。

PICT0135_20100121011232.jpg

しかも、ドアは手動。「止まったら手であけてください」って(笑)。

PICT0138_20100121011232.jpg

電車はほぼ満員で座れなかったので、前の方から外の景色を楽しむことにしました。
大糸線は日本海へ注ぐ姫川という川沿いの渓谷を走ります。
川を渡ったり、きれいな風景ではそれを味わわせてくれるかのように、
直線でもわざとスピードを落としてくれます。
一方で、視界の悪いスノーシェッドに入ると「こんなに出して大丈夫かな?」
と思うほどにスピードを上げます。

PICT0140_20100121011232.jpg

電車はとにかくぼろくて、反応がにぶい。
駅のホームに差し掛かって、ブレーキをがちゃがちゃ動かして、とまらなそうでやっと止まります。
そんな走りだから、電車は時刻表より遅れていきます。
けど2、3分の遅れがあっても、電車はそんなこと気にせずのんびりと走ったり、
駅で降りたお客さんとものんびりと喋っていました。

PICT0145_20100121011232.jpg

反対側から電車がやってきました。
向こうは赤と肌色のいかにも、って感じのローカル線。
いまだにこんな電車が走ってるんだと、ちょっとびっくりしました。


ぐるっと本州鉄道旅(1)―プロローグ
ぐるっと本州鉄道旅(2)―つくば→新宿→白馬
ぐるっと本州鉄道旅(3)―白馬→南小谷→糸魚川
ぐるっと本州鉄道旅(4)―糸魚川→長岡→小出
ぐるっと本州鉄道旅(5)―只見線:小出→只見
ぐるっと本州鉄道旅(6)―只見線:只見→会津若松
ぐるっと本州鉄道旅(7)―会津若松→郡山→福島・飯坂温泉
ぐるっと本州鉄道旅(8)―福島→山形→山寺
ぐるっと本州鉄道旅(9)―山寺
ぐるっと本州鉄道旅(10)―山寺→仙台→松島
ぐるっと本州鉄道旅(11)―松島・瑞厳寺→仙台→上野

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック