FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



ぐるっと本州鉄道旅(8)―福島→山形→山寺
福島駅から、奥羽本線米沢行きに乗ります。
出発してすぐに東北本線と分かれます。
するとこれまで上を走っていた新幹線の高架が下に降りてきて、やがて在来線のものと合流します。
ここは新幹線と在来線がが同じ線路を走る区間だそうです。

PICT0274.jpg

どんどん山を登り、東北の内陸部を走る奥羽本線。
途中には峠なんて駅さえあるほど山を登ります。
米沢まで行く普通列車はわずか1日6本。
朝8時台の電車までに2本、それを逃すともう昼すぎまで電車がなくなってしまいます。
そのほかは新幹線に乗らなきゃいけません。

一時間ほどで米沢に到着しました。
ここで電車を乗り換えて、米沢から山形までも一時間。
寝てたので、車窓の風景なんかてんで覚えていません。

山形までついたら、次は仙山線。
快速にのって約15分で、今日の目的地、山寺駅につきました。

PICT0279.jpg

山寺駅の前にそびえる、宝珠山立石寺こと山寺。
ホームにつくなり、「こんなところにあるの?!」という
急な崖の岩山の上にお堂が建っています。
「石の上に建つ寺」正式な名前からも、この寺の風景を連想させます。

平屋のひなびた駅舎に、都会じゃもう見られない丸ポスト。
駅の広場はタクシー乗り場ほどの広さがあるだけで、
駅を降りて少し道を下ると、昔のままの建物を使った旅館が建っていました。

PICT0280.jpg

旅館の向こうの切り立った緑の山には、
これでもかというくらい大きい岩がそびえています。
いくつかお土産屋をすぎ、朱塗りの橋を渡ると、
登山口の看板を目印に進んでいきます。

ずいぶん上りそうなので、下にある土産屋にて、お茶を買うことにしました。
お茶を買おうとしただけなのにずいぶんと話しかけられ、
仕舞には「こんにゃくさ食べてく?」まで勧められました^^;。
東北の人って、人懐っこいのかなぁ・・・?

お寺に続く階段を上がり始めます。

PICT0292.jpg

はじめの何十段かの階段を上ると、すぐに本堂がありました。
本堂がこんな近くにあることには、ちょっと呆気に取られました。
森に囲まれた、すっきりとした感じの本堂。自然と一体に溶け込んでいます。

PICT0303.jpg

いくつかの建物の前を通り、「寂かさや・・・ 」の碑の横を通り、
松尾芭蕉と曽良の石像を見て、山寺にある神社の中を通り、やがて山門へ向かいます。
茅葺きの門をくぐるといよいよ1000階段の始まりです。
入場料を払って、いよいよ階段を上がります。

PICT0302.jpg


ぐるっと本州鉄道旅(1)―プロローグ
ぐるっと本州鉄道旅(2)―つくば→新宿→白馬
ぐるっと本州鉄道旅(3)―白馬→南小谷→糸魚川
ぐるっと本州鉄道旅(4)―糸魚川→長岡→小出
ぐるっと本州鉄道旅(5)―只見線:小出→只見
ぐるっと本州鉄道旅(6)―只見線:只見→会津若松
ぐるっと本州鉄道旅(7)―会津若松→郡山→福島・飯坂温泉
ぐるっと本州鉄道旅(8)―福島→山形→山寺
ぐるっと本州鉄道旅(9)―山寺
ぐるっと本州鉄道旅(10)―山寺→仙台→松島
ぐるっと本州鉄道旅(11)―松島・瑞厳寺→仙台→上野


スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック