FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
それじゃそろそろ能登の日記でも書くとするかぁー。


GW前半は、能登半島に行くことにしました。
ほぼ毎年恒例のツーリングです。
去年は奥州征伐(岩手&秋田)、2年前は四国(香川&高知&愛媛)、3年前は北海道。
年ごとに、新たな地域をどんどん開拓していくみたいで面白い。
メンバーは自分も含めて8人。けどいつものリーダーは今回は所用にて欠席。残念!

出発はGWの初日でした。
1000円高速は今回の大型連休が最後で、土曜日は朝から渋滞の予測です。
この日は4時出発とはいえ、渋滞にびくびくしていたけど・・・

IMG_8747-2.jpg

乗ってしまえば何のその♪
北関東に渋滞という言葉はなかったみたい。

国道50号から北関東道、高崎から関越道を北に進みます。

IMG_8752.jpg

越後川口SAで一休み。向こうに見えるのは信濃川です。
ここは標高が高いからか、ようやく桜が満開でした。
車の外に出てみても、ちょっと寒いくらい。
朝だからというのもあったけど、周りは残雪だらけだったしね。

IMG_8774.jpg

長岡JCTから西へ舵を切って、しばらく進むと見えたぞー!日本海です。
糸魚川近辺のトンネル地帯を抜けると、ひときわ高い雪山が近づいてきます。
この辺がたぶん立山連峰かな。

IMG_8776.jpg

さらに進むと、平行して走る高架を発見。
これが北陸新幹線の線路。途切れている場所もあるものの、
本当にここに新幹線が走るんだぁー、という実感がわいてきました。

IMG_8778.jpg

富山市をちょっと過ぎたくらいにある小杉ICで降りました。
まずは昼食を食べる場所を探します。
行ったのは、高速を降りて10kmちょっとすすんだ、道の駅新湊というところです。
ココの名物といえば、白エビバーガーに、紅ズワイバーガー。

DSC01786.jpg

IMG_8797.jpg

自分は数量限定、紅ズワイバーガーのほうを頂きました。
野菜はたっぷりボリュームがあるんだけど、確かにズワイはおいしいんだけど、
やっぱりバーガーは歯ごたえというか、肉喰ったぞー!っていう満足感がほしい。
そういった意味では紅ズワイバーガーは残念。白エビのほうはどうだったのかな?

ちなみに、白エビかき揚丼というのもありました。そっちもすごく気になる!

ここまできたら、今回出発する場所までは目と鼻の先です。
高岡の路面電車と平行に走って・・・

IMG_8805.jpg

海岸線沿いの道路を走って、トンネルを抜けるとそこには静かな日本海。
今回の出発地点、雨晴海岸に着きましたー。

IMG_8808.jpg

海が穏やかで、透き通っていて、なかなかいい場所。
たそがれたいなー・・・とぼーっとしてる暇はない。走る準備、準備!!

  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック