FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
もう1ヶ月以上前の話ですね(汗)早く完結させないと。。。

**

4日目、いよいよ能登1周も最終日になりました。
今日のルートはこんな感じです。

route_20100608230425.jpg

アストロコテージを出発して、桜峠、能登空港を通って、氷見から能登島、七尾を経て
一番初めの出発地である雨晴に向かう、全長117kmのルートです。
前半は内陸、後半は海沿い中心の道です。

サポートカー役は、立候補でやってもらえることになりました。
今日無事に完走できれば、能登を完全走破!

路肩の広い道を西へ西へと進みます。
何よりきついのは、向かい風。
この日は南西の風が風速10m以上で、吹き付けてきます。
道はほんの2%程度の上り坂だけど、時速20km台前半くらいしかスピードが出ない!
できるだけ車間を詰めて、抵抗を減らして進みます。

P5042202.jpg

あまりに風が強いので、たまらず道の駅桜峠で一休み。
もうGWだったのに、木によっては桜の花が残っていました。

P5042204.jpg

出発点から21km。能登空港に着きました。
コンパクトな構造は、茨城空港と似たり寄ったりですが、
地方空港としては、搭乗率の比較的高い空港らしいです。
中には行政機関があったり、道の駅になっていたりと、
いろいろと茨城人としては学ぶべき所がありそうな感じです。

P5042210.jpg

この日はお祭りをやっていて、
ノトキリシマツツジを展示していました。
紅葉のように真っ赤な花が一斉に咲くのがすごく印象的。
盆栽なんかにすると、本当に見事ですね。

P5042211.jpg

さらに道を進みます。
能登空港から先は下り中心の道なので楽になるかと思いきや、
下り坂なのに全然スピードが出ない!
まるで上り坂を走っているような気分です。

P5042226.jpg

穴水に着いたら再び海沿いのルートを進みます。
進路も南西から南になったので、つらい向かい風も少しは楽になりました。
途中の休憩地点で、柏餅を補給。
そういえば次の日はこどもの日だったっけ。

P5042242.jpg

穴水で見つけたボラ待ちやぐら。
江戸時代から行われていた伝統的な漁法だったようですが、
今では行われていないらしく、観光用として建てられているようです。

P5042255.jpg

海に近い・・・ってか、柵もないし!
クルマはびゅんびゅん飛ばしてくるし、路肩も狭いので、慎重に進みます。

P5042259.jpg

中能登農道橋につきました。名前の割にはすごく立派な橋です。
この橋を渡ったら、今回渡る唯一の島、能登島です!

P5042294.jpg



  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴



スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック