FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



北東北旅行~秋田編その1
花巻から秋田自動車道を走って、秋田ICへ。
4時にはホテルに着いたものの、さすがお祭りの夜だけあって、
専用の駐車場はもう満車。近くの有料のトコに止めました。

夕飯は近くのデパートの中にある稲庭うどんのお店、佐藤養助。
稲庭うどんの中でも老舗中の老舗です。
稲庭うどんは秋田県南の湯沢市稲庭町という町から生まれてます。
このお店のうどんを食べるのは、3回目。

IMG_2516.jpg

20分ほど並んで、食べたのは普通のたれとごまだれの二つの味が楽しめる、
天ぷらせいろ二味。
稲庭うどんって、つるつるっとした食感がとても好きです。
ボリュームたっぷりで、かなり腹いっぱいになりました^^

IMG_2518.jpg

その足で今度は竿灯の会場へ。
秋田駅からは1㎞ほど離れた、竿灯大通りという片側3車線くらいの道の両側で
祭りが開かれます。

会場に到着。

IMG_2519.jpg

ちょうどそのとき。

IMG_2522_20120825225419.jpg

にょきにょき。

IMG_2524.jpg

一斉にたくさんの提灯が上がりました。すごい圧巻。
しかも、一番高くまで上がった後、提灯が右に左に揺れ動きます。
ずっと先まで見えないほど。
それもそのはず、竿灯の数は250本、提灯の数は10000個というのだから驚き。
800mほど続く通りを埋め尽くす竿灯たち。
ともかくすごい。すごいのひとことに尽きる。


通りを歩いてみることにしました。
中央分離帯の植え込みのところに仮設の観覧席(有料)が設けられ、
車道の両側で竿灯の演技が行われます。

駅近くの歩道は人ごみがすごいけど、駅から遠い方へ歩くと歩道沿いで
立ち止まって見れました。


IMG_2541.jpg

太鼓とお囃子。

IMG_2561.jpg

竿灯を真下で。
高さ12m、重さ50㎏の大若です。
中はろうそくの火で照らされていました。

IMG_2573.jpg

で、その竿灯を、体を使ってあげます。
右の人は肩で、左の人は腰に乗せて。
すごいバランス感覚!

竿灯は五穀豊穣の祈願が込められていて、夜の町に揺れる竿灯は
まさに黄金の稲穂そのもの。
さすが米どころですな。

IMG_2555.jpg

こちらは額に乗せた竿灯のツーショット!
左側は子供用の竿灯で、これでも15㎏もあるんだとか。
倒れてこないかヒヤッとしました。

歩いているときには時々「倒れてくる竿灯にご注意くださーい」なんて、
アナウンスもあります。
実際2,3回くらい頭の方でバランス崩して、倒れそうになるのがありました。
観客同士でキャーキャー言って逃げたり。
電線みたいなのが張ってあって、客の方に完全に横倒しはないと思うけど、
予想外にダイナミックなお祭りでした。

IMG_2584.jpg

祭りの最後はふれあい竿灯というのがあって、
実際に竿灯を持たせてもらえました。
大きいのはとても無理と子供用のを試してみたけど、
片手じゃとても無理!これをバランス取ろうってんだから、
すごいなぁと改めて感じました。

東北旅行も残すところあと1日。翌日は秋田県内を観光します。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック