FC2ブログ
ICHIRIDUKA ~ milemark for travelers
基本的には旅のページ。 ただ、いつも遊んでるわけじゃないんで、時々野球とか地元茨城ネタとか、気の向くままに書いてます。



プロフィール

まっつー

Author:まっつー
はじめまして。まっつーです。
日本全国回ってます。
旅の手段は飛行機から船、電車、バス、自転車、徒歩まで何でも問いません。

旅した記録を、書いたのがこのページ。
辞書に”milemark”という言葉はありませんが、1マイルごとにある表示のことだそうです。日本で言うと、一里塚。
旅の記録を"milemark"として、一つずつこの日記にこめられればと思っています。

はじめてこのページにお越し頂いた方でも、だれでもコメント残していってくれるとうれしいです^^)/
よろしく!!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ翻訳



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
IMG_8931.jpg

能登旅行も中盤。今日もいい天気です。
今日も頑張るぞー!・・・サポートカー決めのじゃんけん。。

と思ったら今日は意外にも立候補者あり。
一番若手のメンバーが、名乗りを上げてくれました。
どうやら輪島の朝市とか他の観光も行くとのこと。
体力的には全然余裕のはずなのに。ともかくサンクス!

それからもう一人、体調不良っぽいとのことで、午前中は様子見でサポートカー行き。
だんだん、脱落者が増えていきます。けど自分は何としてでも完走するぞー!

地図

今日のルートはこんな感じ。
輪島から出発して、能登半島の先端をぐるっと一周回り、
能登町で一泊する、100km程度のコースです。
海沿いでアップダウンが続くけど、標高差はそんなにないから大丈夫かな。
強いていえば、最後の山が200m級なので、疲れた体にはちょっと大変かもしれない。
朝食事をする時にテレビを見ていたら、今日の風はずっと西風が強い。
前半は追い風で楽そうだけど、後半は向かい風になってつらいかもなぁ。

前半の予想は見事的中でした。
スタートするなり、追い風です。
気持ちいいほどスピードが出ます。
まだ足慣らしなのに、アップダウンがあっても平気で平均30kmくらい。
信号もほとんどない道で、これだけスピーディーに走れるなんて、気持ちいい!

P5031981.jpg

あっという間にはじめの休憩地点に着きました。
白米という地区?町?にある道の駅です。
なんか町の名前がいいな、と思ったら・・・

P5031996.jpg

眼下には千枚田!
こんな斜面に、わざわざ土手を作って水を張って、田んぼを作るなんてすごい!
もちろん機械なんて入れないから、田植えも手作業でやってます。
すごい。すごすぎる!能登一番の感動モノでした!
ここの千枚田、本当は二千枚もあるみたいです。
国道が通ってる上のほうにも、ずっと続いてるみたい。

英語で千枚田は、Rice terraces(テラス)というらしいです。
田んぼは和風なのに、その名前のほうがなんだか不思議としっくり合いますね。

さて、道の駅に立ち寄ったので、早速・・・

P5031988.jpg

ブルーベリーがココの名物かは知らないけど、ブルーベリーソフト、いっただっきー♪
景色がいいと、食べ物もおいしくなりますね^^

P5031986.jpg

こっちは自分は食べていないんだけど、
キャラメルソフト(カップ入り)の金粉トッピング。
石川県、なんだかゴージャスだぞ、おい!

さらに半島を進みます。
このときには平均時速は35km越え。うっかり40km/hに到達しそうです。
そんなこんなで気づけば能登半島先端にある、珠洲(すず)市へと入りました。

P5032006.jpg

次に寄ったのが、道の駅すず塩田村。
いま、しおどき。って。。。
あまりいい意味じゃないよなぁ(笑)。

P5032007.jpg

ここには日本で唯一、揚げ浜式製塩法が江戸時代から続いているそうです。
塩を海で汲んで、塩田に塩水をまいて、天日で蒸発させて、濃度の高い塩を作り出す方法だそうで、
想像するだけでも大変な重労働です。
ここの揚げ浜塩は少々高いけど、道の駅でも売っているようです。
普通の塩よりも”おいしい”とのこと。ぜひご賞味あれ!

P5032002.jpg

さらに進んだところで、いきなり大渋滞。
信号もないのに、なんでかなぁ・・・と思ったら、

P5032026-2.jpg

こいのぼり祭り!
小さいながらもたくさんのこいのぼりが、
今日の強風に吹かれて元気よく泳いでいました^^


  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴




能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島かいわい
輪島に着きました。

P5021968.jpg

漆塗りで有名な輪島には、実は鉄道が通っていません。
2001年に廃線になったようで、駅舎跡地は、道の駅輪島として使われているそうです。
ココ輪島へのアクセスは良いとはいえないけれど、それでもたくさんの人で賑わっているようでした。

着いた時間は3時過ぎで早かったので、自転車を置いて荷物を部屋に運んでから、
輪島の観光をするべく街へ繰り出すことにしました。

朝市通りを目指して歩きます。
輪島の中心街には温泉があり、足湯もありました。
まず入ったのは、川清酒店。
ここで奥能登のお酒を試飲させていただきました。
お店のおばちゃんが気さくに対応してくれて、みんな一列に並んで片っ端から回しのみ!
・・・実は行ったメンバー、そこまでお酒に強い人がいないんです。。。
それでも、お酒の違いはあるんだなーということを実感。
おみやげに、ということで白菊の純米吟醸(確か・・・)を買うことにしました。

次に寄ったのが、尾坂という和菓子屋さん。
次の日の自転車のための補給食の買出しです。
そこで衝動買いしたのが、このお菓子。
名前は忘れたけど、柚子風味で、しゃりしゃりしている一口大のもの。これはうまい!

IMG_8881.jpg

そのほかにも輪島では、「丸柚餅子」というお菓子が有名です。
柚子を丸ごと一個くりぬいて、柚子の皮を容器にして中にお餅をつめ、
せいろで蒸して、自然乾燥を幾度となく繰り返すものです。
手作業で作るので、完成までは半年もかかるんだとか。すごい!
一個1000円以上する高級品ですが、一度食べてみたいなぁ。

IMG_8888.jpg

輪島の通りを進みます。
新しい感じながら、統一感のある古っぽい町並みが続きます。
お店の中に入って、漆製品を物色をしたり、和菓子屋さんに入ったり。
どうやらその2種類のお店が多いみたいでした。
中には漆器屋さんで、一個8000円の湯飲みでお茶を飲ませてくれたり。
一つの器を作るのに124もの工程があるといわれる輪島塗。
中には、漆塗りを100回も繰り返すなど、すごく手間隙かけて作るものもあります。

IMG_8906.jpg

こちらは伝統の稲忠漆芸会館にあった塗り物。
おわんの持つ味が、工程を経るごとにどんどん深くなっている様子が分かります。
柚餅子にしろ漆器にしろ、輪島の文化はとても手間がかかるものが多いんですね。

IMG_8889.jpg

朝市通りにやってきました。
ここは輪島の朝市をやっている通りで、ほぼ毎日(10日、25日は定休らしい)やっています。
朝8時からやっていて、正午まで店が営業しているようです。
おそらく全国的にも一番栄えている朝市じゃないでしょうか?

IMG_8893.jpg

ここも丸柚餅子のお店の中浦屋。
ココで食べたのは、ゆずぐるとソフトクリーム。
なるほど、柚子の風味と、ヨーグルトテイストのアイスがいい感じでマッチングしていて、
ともかくうまい!
自分のソフトクリーム図鑑でも、結構上位に入るくらいです^^
けど、外での食べ歩きは注意!
あまりにおいしいので、トンビが空から狙ってきます^^;

IMG_8896.jpg

ちょっと朝市通りの中で浮いていたのが、この建物。
なんだか西洋チックで、何かと思ったら・・・

IMG_8897.jpg

イナチュウ美術館(笑)。
漆業の富で築いたものでしょうが、何もカタカナで書かなくても・・・


  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴





能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
P5021908.jpg

門前町を過ぎたら、県道38号線へと曲がり、再び海を目指します。
この道は輪島へ行くには回り道だし、道も細いため、車通りは多くありません。
サポートカーも、道を間違えて来れなかったくらいの場所でした。

この道が今日の一番の坂。先頭に頑張ってついてくけど・・・だめだこりゃ。
すっかりおいてきぼり喰らっちゃいました。

坂をやっとこさのぼったら、今度は田んぼ広がる緩やかな勾配の田舎道を、スピードを上げて走ります。
山あいで風もなく、とってもきもちいい♪
・・・危うく、道の真ん中にいたヘビを踏みつけるトコでした。

再び海へ着きました。すごい大きい崖!

P5021919.jpg

こっからはアップダウンの連続です。
道はきれいに舗装されているけど、ちょっと勾配がきつい。
頑張れー!!自分!

P5021927.jpg

こーんな海岸線が、しばらく続きます。

P5021937.jpg

P5021942.jpg

極めつけは、佐渡ロングライドで有名な、Z坂みたいな坂が、ここ能登にもあったこと。
上が能登で、下が佐渡の写真。
どっちがどっちだか、区別がつかないほどです^^;

P5021947-Zzaka.jpg(クリックすると拡大します)

IMG_0760-2.jpg(クリックすると拡大します)

P5021962.jpg

ひたすらアップダウンの繰り返しなので、一人が徐々にペースダウン。
最後はふらふらになっていました。

P5021961.jpg

道沿いにあったバス停。
一日一本って・・・

けど、人の手がほとんどつけられていない海岸線はいろんな風景が見れて、
走るにはとても面白い!!


  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴





能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
世界一長いベンチが終わったら、また能登半島の西海岸を北上します。
ベンチの近くにあった、道の駅のととぎ海街道には男爵ソフトクリームというのが
あったみたいだけど、さっきお団子を食べたから、今回はお預け(-o-;)。

国道249号にいったん別れを告げ、県道を走ります。
途中の風無地区という所では、海から吹いてきた風が、本当に止んだような??
自転車乗りに取っちゃ、聖地にしたいトコですね。
あ、けど追い風だったら大歓迎だなぁ。

富来の集落は、こんな木造の家並みがずらり。
瓦も真っ黒で、家並みも色がそろっていて、すごくきれい。
しかも、出雲崎の妻入りや、佐渡よりもぎっしり家が詰まっていてすごい。
日本版フィレンツェを連想してしまいました。

P5021867.jpg

海岸沿いを進んだら、今度はヤセの断崖。
ヤセの大食いみたいで変な名前だけど、由来ははっきりしないらしい。

この写真の場所は、ヤセの断崖の隣にあった、義経の舟隠し。

P5021880.jpg

義経が奥州へ逃げる際に、ここに48隻の舟を隠したとか。
いや、48隻はどうみても並べられないぞ!
そっか、舟を重ねたのか?

他にも関野鼻という名所もあったらしいんだけど・・・

P5021888.jpg

残念ながら、2007年の能登半島沖地震で、崖が危険な状態だそうで、立入禁止でした。
ロープで立ち入り禁止になっていた駐車場が、なんだか寂しい感じですね。

P5021889.jpg

そろそろおなかもすいたので、お昼休憩です。
休んだのは道の駅赤神。
この道の駅にはレストランはなかったので、あらかじめサポートのほうに
お昼を買ってもらっていました。すごく助かります!!!
海が見える芝生の丘で、みんなでおにぎりをぱくり。

・・・パット入りパンツが薄手なので、芝生がちくちく刺さって痛かったのはナイショ。。

P5021897.jpg

けど、ここでソフトクリームを見つけたので、早速いただきまーす。
普通のソフトだけど、おいしい。

P5021901.jpg

休憩したら、さらに能登の奥へ。
かつての曹洞宗大本山だった、總持寺祖院の横を通ります。
曹洞宗は鎌倉時代に生まれた教えで、その頃からこちらが大本山だったようですが、
火災による消失で、大本山は100年前に横浜市鶴見区へ移転したそうです。
現在は再建され、祖院としてこの地にひっそりと佇んでいるようです。
今の大本山がある場所は実家に近いので、なんか想うものがあるような、ないような。



  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴





能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
2日目の朝。
日の出前に起きちゃいました。
うーん、いい眺め。

IMG_8851.jpg

朝食前に体を起こそうと思い、散歩することになりました。
近くには七面堂というお堂があったり、能登の白ウサギという伝説が書いてあったり。
能登の白ウサギは、ウサギがさめをだまして飛び回ったため、
体の毛をむしりとられたとか・・・
んん?ウサギとさめがどうやって話すんだ?

・・・ま、そんな伝説はさておき、やっぱ海といえばドライブでしょ!

ってことで、朝からひとっ走り行くことになりました。

わーい、海沿いをドライブ、ドライブ♪

IMG_8858.jpg

って、Σ( ̄□ ̄;) ナビの地図、海の中やん!!!

実はここ、日本でもほぼ唯一?砂浜をクルマがスタックせずに
走れる海岸がある地域なのです。
羽咋から金沢方面へも、「千里浜なぎさドライブウェイ」という道路があります。
何でも砂浜に道路標識が立っているくらいだから、本格的。
バスでも全然問題なく走れるくらい、砂がしまっているようです。

この辺りの砂質は、石川県の金沢市のちょっと南を流れる手取川というところから流された砂が、
海流の流れに乗り、集まったことでできたそうです。
・・・って、水曜どうでしょうの試験に出る石川・富山でやってました。

IMG_8855.jpg

ちなみに、クルマの外の景色はこんな感じ。本当に波打ち際だぁー。
朝なのに他の車もちらほら。
サーファーのほか、地元の人も生活道路みたいにして使っているようでした。

宿に帰ったら、朝ごはんを食べて。
それから自転車の準備を・・・おっと、その前に今日のじゃんけん、勝たなきゃ!!

前日のブログにも書いたけど、今回の旅は自転車7人、サポートカー1人。
自転車で移動するためには、まずこの戦いに勝たなきゃいけないのです。

ってことで。


じゃーんけーん、ぽん!


あーいこーで、しょ!


あいこで、しょ。


あいこで、しょ。


・・・。


ってことで、昨日と同じく多い勝ちで。

多い勝ちで、勝ったぁー(^^)v

そして決勝戦!

IMG_8870.jpg

右が今日の運転手役です。よろしく!


それじゃ、今日も頑張るぞー、と、
宿のすぐ横にある、羽咋健民自転車道から出発です。
今日のコースはこんな感じ。

2日目

羽咋から西海岸を、輪島まで目指します。
しばらくうっそうとした林の中を走ったり、
突然海への景色が開けたり。

P5021802.jpg

羽咋健民自転車道を走り終えたら海岸線の、県道36号線へ。

P5021831.jpg

そしてまず立ち寄ったのが、巌門。
上からだと崖があるだけで、下がどうなっているか見えないです。
下のほうに行ってみるとこんな景色だそうです。

DSC01947.jpg

文字通り、岩でできた門があるみたい。
自分たちはビンディングシューズだったから、ここは危なくていけなかったけど。
船もあって、岩場の隙間を探検することもできるみたいですよー。

P5021825.jpg

で、ココで食べたのが、ひっぱり団子。
何でも能登の名物でひっぱり餅というのがあって、
たぶんそれの姉妹品。
もっちもちしていて、おいしい。
一度焼いておいてあったのを、電子レンジであっためていたのが、気になるけど・・・

P5021850.jpg

さらに海岸線を進んできました。
右側に見えるのは、ベンチです。
長さは460.9mもあり、世界で一番長いそうです!ギネスブックにも載っているとか(笑)。
また、1346人がいっせいにに座った記録もあるそうです。
一番手前のほうは人で賑わってたけど、奥に行くほど人が閑散と・・・
ま、気にしない気にしない。先を急ぎます。


  能登の記事      

能登1周ツーリング(1)―1日目:プロローグ
能登1周ツーリング(2)―1日目:雨晴→原山峠(羽咋市)
能登1周ツーリング(3)―1日目:原山峠→羽咋

能登1周ツーリング(4)―2日目:羽咋→世界一長いベンチ
能登1周ツーリング(5)―2日目:世界一長いベンチ→門前町
能登1周ツーリング(6)―2日目:門前町→輪島
能登1周ツーリング(7)―2日目:輪島界隈

能登1周ツーリング(8)―3日目:輪島→絶景!千枚田→塩田の村
能登1周ツーリング(9)―3日目:塩田の村→狼煙→珠洲
能登1周ツーリング(10)―3日目:珠洲→アストロコテージ

能登1周ツーリング(11)―4日目:アストロコテージ→能登空港→能登島
能登1周ツーリング(12)―4日目:能登島→雨晴